エスナ・ボイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスナ・ボイド Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Esna Boyd
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・メルボルン
生年月日 1899年9月21日
没年月日 1966年
死没地 スコットランド
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(1927)
全仏 3回戦(1928)
全英 ベスト8(1925)
優勝回数 1(豪1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1922・23・26・28)
優勝回数 4(豪4)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(1922・26・27)
優勝回数 3(豪3)

エスナ・ボイドEsna Boyd, 1899年9月21日 - 1966年)は、オーストラリアメルボルン出身の女子テニス選手。全豪選手権(現在の全豪オープンテニス)で女子競技部門の黎明期に活躍した選手で、第1回大会の1922年から1926年まで5年連続の女子シングルス準優勝で止まっていたが、1927年に6度目の挑戦で女子シングルス優勝者になった人である。女子ダブルスでは4勝、混合ダブルスでは3勝を挙げ、この両部門では第1回大会の優勝者となった。

現在は「全豪オープン」として知られるテニス大会は、1905年に第1回大会が始まったが、最初期の全豪選手権は男子シングルス・男子ダブルスの2部門のみであった。女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門は、それから17年後の1922年に第1回の競技が行われた。エスナ・ボイドは1922年に新設された女子競技部門の第1回大会で、3部門すべてに決勝進出を果たし、女子ダブルス・混合ダブルスの2部門で第1回大会の優勝者となったが、女子シングルス決勝ではマーガレット・モールズワース1894年 - 1985年)に 3-6, 10-8 で敗れて準優勝になった。それから1926年まで、ボイドは5年連続で女子シングルス準優勝の壁にぶつかる。彼女が決勝で敗れた相手は、1923年は前年と同じモールズワースで、1924年シルビア・ランス1925年1926年ダフネ・アクハーストであった。ようやく1927年の第6回大会で、ボイドはシルビア・ランス・ハーパーを 5-7, 6-1, 6-2 の逆転で破り、宿願のシングルス初優勝を達成した。ボイドは1928年まで7年連続で決勝に進んだが、最後の決勝戦となった1928年はアクハーストに 5-7, 2-6 で敗れた。

ボイドは女子ダブルスでは通算4勝を挙げたが、パートナーはその都度異なった選手たちと組んでいた。第1回大会で組んだ選手はマージョリー・マウンテン(Marjorie Mountain)で、1923年シルビア・ランス1926年メリル・オハラウッド1928年ダフネ・アクハーストと組んだ。混合ダブルスでは1922年1926年1927年に3勝を挙げたが、パートナーはすべてジョン・ホークスであった。ボイドは後にアングス・ロバートソン(Angus Robertson)と結婚し、選手引退後はスコットランドに住んだ。

エスナ・ボイドの生没年月日については、長い間はっきりしたことが分からず「1901年生まれ、1962年没」(どちらも日付は不明)と考えられてきた。ところが、2008年に改訂されたバド・コリンズ編「テニス百科事典」の最新版により、ボイドの生涯について「1899年9月21日メルボルン生まれ、1966年にスコットランドで死去」と示された。生年月日が判明して、従来の「1901年」よりも2年早く示され、死去にいたっては従来の説より4年遅く提示されたことになる。

全豪選手権の成績[編集]

  • 女子シングルス:1勝(1927年) [準優勝6度:1922年-1926年・1928年]
  • 女子ダブルス:4勝(1922年&1923年・1926年・1928年)
  • 混合ダブルス:3勝(1922年・1926年・1927年)

参考文献[編集]

  • Bud Collins, “History of Tennis: An Authoritative Encyclopedia and Record Book” New Chapter Press, Washington D.C. (2008 Ed.) ISBN 978-0942257410 本書の666ページに、ボイドの生没年に関する新しいデータが示されている。
  • Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1
  • Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3