エストルフ (シュターデ郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Estorf (Landkreis Stade).png Locator map STD in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: シュターデ郡
緯度経度: 北緯53度34分
東経09度12分
標高: 海抜 12 m
面積: 29.42 km²
人口:

1,395人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 47 人/km²
郵便番号: 21727
市外局番: 04140
ナンバープレート: STD
自治体コード: 03 3 59 016
行政庁舎の住所: Schützenstraße 5
21726 Oldendorf
ウェブサイト: www.samtgemeinde-oldendorf.de
首長: ハンス=ヴェルナー・ヒンク (Hans-Werner Hinck)
郡内の位置
Estorf in STD.png

エストルフ(Estorf、低地ドイツ語ではEsdörp)は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州シュターデ郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ザムトゲマインデ・オルデンドルフを構成する自治体の一つである。

地理[編集]

位置[編集]

エストルフはシュターデ郡西部、オステ川沿いに位置する。北はクラーネンブルクのブロベルゲン地区と境を接し、東にはオルデンドルフが位置している。南と西はブレーマーフェルデに属すエルマーハイデ、エルム、オクテンハウゼン、オッテンドルフ、オステンドルフの集落が存在している。オステンドルフ付近では、オステ川左岸までこの町の町域となっている。

自治体の構成[編集]

この町は、エストルフ、グレーペル、ベールステの集落からなる。

歴史[編集]

グレーペルはヨーロッパ最大の護岸用灌木林を持つグレーペルの港は、1960年代まで内陸航行用船舶の越冬地であった。地元の船舶協会はこれを記念して、エーヴェル型帆船や内陸水路用船舶を保存している。

町村合併[編集]

かつて独立した町村であったグレーペルとベールステは、ニーダーザクセン州の地域再編に伴って1972年にエストルフに合併した。

行政[編集]

議会[編集]

この町の議会は11議席からなる。

紋章[編集]

この町の紋章は1973年9月21日に制定され、同年12月7日にシュターデ郡の認可を得た。

図柄: 緑地と銀地に左右二分割。向かって左は斜めに置かれた銀色の伐られた木の幹で、両側に2本ずつ枝の跡が残っている。向かって右は3本の銀帯が付いた緑の甕と、その上に緑の馬の頭部を象った斜め十字が配されている。

向かって左の図案は旧エストルフ家の紋章に由来し、合併前からエストルフの町の紋章として用いられていた。向かって右の甕 (Grapen) は、かつてのグレーペル (Gräpel) の紋章に色違いで描かれていたものである。斜め十字に組み合わされた馬の頭部は旧ベールステの紋章で、ニーダーザクセン地方の古い藁葺き農家の屋根に現在でもよく見られる部材である[2]

経済と社会資本[編集]

観光[編集]

グレーペルはオステ川に面しており、サイクリング釣りの目的地となっている。オスター川河畔にあるグレープラー・ガストホーフ・プラーテ(民宿)への父の日ツアー(ドイツの父の日はキリスト昇天の祝日でもある)も大変に人気である。ここでは、父の日の最後に花火が打ち上げられ、天候によっては1000人を超える来訪者がある。民宿横にはオステ川を渡る小さな渡し船がある。この渡しは、ドイツ・フェリー街道の一部となっている。

交通[編集]

町内を郡道114号線が走っている。この道路はヒンメルプフロンテン付近で、シュターデハンブルクに至る連邦道B73号線に、エルム付近でブレーマーフェルデに至る連邦道B74号線に、それぞれつながっている。グレーペルからは郡道82号線がブロベルゲン方面へ延びている。オステ川左岸との交通は、夏期には小さなグレーペルの渡し船もあるが、ブレーマーフェルデのオステ橋を利用する。

連邦アウトバーンA22号線の長期建設計画が立案されている。

教育[編集]

エストルフには基礎課程学校がある。上級の学校は、オルデンドルフ学校センターの本課程学校および実科学校、シュターデのヴィンセント・リューベック・ギムナジウムやブレーマーフェルデ・ギムナジウムがある。グレーペルにあった基礎課程学校の分校は廃止され、現在は幼稚園として利用されている。

参考文献[編集]

  • Friedrich Holst: Grupilinga und die Töchter, die Geschichte der Gemeinde Estorf.

この文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

引用[編集]