エステル (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エステル
2008年、MTVにて
2008年、MTVにて
基本情報
出生名 Estelle Fanta Swaray
出生 1980年1月18日(34歳)
出身地 イングランド西ロンドンハマースミス
ジャンル ヒップホップR&Bソウルレゲエ
職業 歌手ラッパーソングライター音楽プロデューサー
活動期間 2002年-現在
レーベル Stellarents, V2レコード, ホーム・スクール, Black Jays、アトランティック、Ill Flava Records
共同作業者 ショーン・ポールカニエ・ウエストジョン・レジェンドウィル・アイ・アム、Karl Hinds
公式サイト estellemusic.com

{{{Influences}}}

エステル(本名: Estelle Fanta Swaray エステル・スワレイ 1980年1月18日 - )[1][2]は、グラミー賞ノミネート歴を持つイギリス歌手ラッパーソングライター音楽プロデューサー第51回グラミー賞の最優秀歌曲賞のほか、[3]イギリスのブラック・ミュージックの祭典MOBOアワードを含む[4]複数の賞の受賞歴を持っている。2008年リリースのアルバム『シャイン』からのシングル「アメリカン・ボーイ」が大ヒット。出世曲となった。

生い立ち[編集]

エステルは、1980年にセネガルで生まれた。家族構成は、シエラレオネ育ちの母親、グレナダ出身の父親、そして9人兄妹の11人家族で、そのような中でエステルは育った。一時期家庭でゴスペルのみを聴かされていたエステルは、それに反発するように小さなラジオを枕の下に隠し持ち、ラジオを通して様々なジャンルの音楽を聴いたという。また教会でも歌を歌っていた。[1]

音楽活動[編集]

2004年: The 18th Day[編集]

デビュー前、2003年にミックステープを発表。2004年に自身の誕生日(1月)18日から名付けたアルバム『The 18th Day』でV2レコードからデビュー。このアルバムはイギリスでは発売されたものの、エステルが願っていたアメリカ合衆国での発売は叶わなかった。[1]アルバムからのシングル「1980」、「Free」の2曲はUKチャートトップ20入りのヒットを記録した。また、MOBOアワードにも選出された。しかし作風やプロモーションなどの面でレーベルや周りの人間と対立し、レーベルを離脱することになった。[1]

2008年-2009年: シャイン[編集]

その後、エステルは『The 18th Day』収録曲「Hey Girl」に参加していたジョン・レジェンドに音楽面でのサポートを受け、ジョンが立ち上げたレーベル"ホームスクール・レコード"の第1弾アーティストとして契約。[5]また、ジョンをエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え、アルバムの製作を開始した。2008年にはウィル・アイ・アムワイクリフ・ジョンマーク・ロンソンスウィズ・ビーツジャック・スプラッシュといった面々を迎えて製作したアルバム『シャイン』を完成させた。[1]アルバムからのセカンド・シングル「アメリカン・ボーイ」は客演にカニエ・ウエストを迎えた楽曲で、この楽曲はUKシングル・チャートで5週連続1位、[5]アメリカ合衆国の総合シングルチャートであるBillboard Hot 100でもロング・ヒットし、最高位9位を記録した。この楽曲では、グラミー賞での最優秀歌曲賞を始め、[3]様々な音楽賞で受賞・ノミネートされた。

2008年12月には、新作のレコーディングを始めたことが明らかになっている。[6]

ディスコグラフィー[編集]

フィルモグラフィー[編集]

  • Safari(2008年) - Augy役

脚注[編集]

外部リンク[編集]