エステス・キーフォーヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C・エステス・キーフォーヴァー
生年月日 1903年7月26日
出生地 マディソンビル
没年月日 1963年8月10日(60歳)
死没地 ベセスダ
所属政党 民主党
配偶者 ナンシー・キーフォーヴァー (1911-1967)

アメリカ合衆国上院議員
任期 1949年1月3日 - 1963年8月10日
任期 1939年9月13日 - 1949年1月3日
テンプレートを表示

キャリー・エステス・キーフォーヴァーCarey Estes Kefauver, 1903年7月26日 - 1963年8月10日)は、アメリカの政治家。連邦下院議員(1939年 - 1949年)、連邦上院議員(テネシー州選出、1949年 - 1963年)を務めた。所属政党は民主党。上院の州間通商における組織犯罪に関する特別委員会(キーフォーヴァー委員会)の委員長(1949年 - 1953年)。また1956年には民主党副大統領候補に指名された。

生い立ちおよび経歴[編集]

キーフォーヴァーはマディソンビルでロバート・クック・キーフォーヴァーとフェドニア・ブラッドフォード・エスティスの間に生まれた。ロバート・キーフォーヴァーは金物店を経営していた。

エステスは1922年から1924年までテネシー大学で学び、文学士号を取得した。ホットスプリングスの高校で数学とフットボールを教えた後、エール大学に学び、1927年に卒業した。

卒業後はチャタヌーガで弁護士を開業、1935年にはグラスゴー出身のナンシー・ビゴットと結婚した。彼女はキーフォーヴァーよりも8歳年下で、チャタヌーガの親類を訪れていたときに出会った。夫妻は4人の子どもを育て、その内の一人は継子であった。夫人は1967年に死去した[1]

[編集]

キーフォーヴァーはかねてからのヘビースモーカーであり、飲酒量も多かったが[2]、1963年8月8日に心臓発作を起こして倒れた[3]。発作の2日後、キーフォーヴァーはメリーランド州ベセスダで大動脈瘤破裂のため死去し、マディソンビルの墓地に埋葬された[4]

ナッシュビルの連邦裁判所はキーフォーヴァーの業績をたたえ、エステス・キーフォーヴァー連邦ビルと改名された[5]

選挙結果[編集]

1956年アメリカ合衆国大統領選挙(副大統領候補)

リチャード・ニクソン (R) (inc.) 57.4%
エステス・キーフォーヴァー (D) 42%
トーマス・ワーデル (States' Rights) 0.2%
C・エステス・キーフォーヴァーのテネシー州における得票数
当選 得票 次点 得票 第3位 得票 出典
1960 U.S. Senate (TN) エステス・キーフォーヴァー (D*) 594,460 A・ブラッドレイ・フレイジアー (R) 234,053 [1]
1954 U.S. Senate (TN) エステス・キーフォーヴァー (D*) 249,121 トム・ウォール (R) 106,971 [2]
1948 U.S. Senate (TN) エステス・キーフォーヴァー (D) 326,032 B・カーロール・リース (R) 166,947 ジョン・R・ニール・ジュニア (I) 6,103 [3]
1946 TN-03 エステス・キーフォーヴァー (D*) 26,779 ジョージ・バグウェル (I) 2,725 [4]
1944 TN-03 エステス・キーフォーヴァー (D*) 32,497 フォスター・ジョンソン (R) 11,541 アーネスト・W・フォーストナー (I) 3,894 [5]
1942 TN-03 エステス・キーフォーヴァー (D*) 14,704 ウォルター・ヒギンズ (R) 3,831 ウォルター・ハリス (I) 902 [6]
1940 TN-03 エステス・キーフォーヴァー (D*) 35,332 ジェローム・テイラー (R) 16,099 [7]
1939 TN-03 エステス・キーフォーヴァー (D) 14,268 カスト・ドッドソン (R) 5,355 ジョン・R・ニール・ジュニア (I) 375 [8]

参照[編集]

  1. ^ The Freelance Star, Nov. 21, 1967
  2. ^ Governing under the influence; Washington alcoholics: their aides protect them, the media shields them Washington Monthly, January 1988
  3. ^ "Kefauver has 'Mild' Coronary". United Press International, as reported in the St. Petersburg Times, St. Petersburg, Florida, August 10, 1963. Accessed December 18, 2009.
  4. ^ "Death Takes Sen. Kefauver at Age 60". The Associated Press, as reported in the Reading Eagle, Reading, Pennsylvania, August 10, 1963. Accessed December 18, 2009.
  5. ^ Estes Kefauver Federal Building and United States Courthouse from the Federal Judicial Center database of Historic Federal Courthouses.

外部リンク[編集]

議会
先代:
サム・D・マクレイノルズ
テネシー州選出下院議員
テネシー州第3選挙区

1939年 – 1949年
次代:
ジェームズ・B・フレイジアー・ジュニア
議会
先代:
トム・スチュワート
テネシー州選出上院議員(第2部)
1949年 – 1963年
同職:ケネス・マッケラー, アルバート・ゴア・シニア
次代:
ハーバート・S・ウォルターズ
党職
先代:
ジョン・スパークマン
民主党副大統領候補
1956年
次代:
リンドン・ジョンソン