エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Estadio Mario Alberto Kempes
"Estadio Olímpico Chateau Carreras"
Estadio Mario Alberto Kempes 2011-06-26.jpg
施設情報
正式名称 Estadio Mario Alberto Kempes
所在地 Chateau Carreras district, Córdoba, Argentina
建設期間 1976–1978
開場 1978年5月16日
所有者 Córdoba Province
グラウンド grass
ピッチサイズ 105 x 70 m
旧称
Estadio Córdoba
使用チーム、大会
収容能力
57,000

エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペス(Estadio Mario Alberto Kempes)[1]は、アルゼンチンコルドバにあるスタジアム。1978年のワールドカップ開催を機に建設された。

2006年と2007年には世界ラリー選手権ラリー・アルゼンチンのスーパーSSが、2011年にはコパ・アメリカの会場に選ばれ、アルゼンチンVSコスタリカ、準々決勝のコロンビアVSペルーなどが開催された。

脚注[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Estadio Olímpico Chateau Carrerasに関するカテゴリがあります。

座標: 南緯31度22分8.24秒 西経64度14分46.48秒 / 南緯31.3689556度 西経64.2462444度 / -31.3689556; -64.2462444