エスタディオ・オリンピコ・アタウアルパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Estadio Olímpico Atahualpa
Estadio Atahualpa Ecuador vs Brazil March 2009.jpg
施設情報
所在地 エクアドル・キト
位置 座標: 南緯0度10分39.1秒 西経78度28分35.7秒 / 南緯0.177528度 西経78.476583度 / -0.177528; -78.476583
起工 1948年5月
開場 1951年11月25日
拡張 1977
所有者 Concentración Deportiva de Pichincha
運用者 Concentración Deportiva de Pichincha
グラウンド Grass
ピッチサイズ 105 x 70 m
プロジェクトマネージャ Menatlas Quito C.A.
使用チーム、大会
サッカーエクアドル代表
収容能力
39,816[1]

エスタディオ・オリンピコ・アタウアルパ(Estadio Olímpico Atahualpa)はエクアドルの首都・キトに所在する標高2780mに位置する多目的スタジアム。

1951年に完成。現在は約4万人収容されている。主にサッカーエクアドル代表の試合や、陸上競技会などが行われている。2001年にイタリアモンド製のトラックに張替え。

1995年に開催されたFIFA U-17世界選手権では日本戦などグループAの6試合が当地で行われた。

脚注[編集]