エスタディオ・オムニライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスタディオ・オムニライフ
"Estadio Omnilife"
Omnilife Stadium.png
施設情報
所在地 メキシコ ハリスコ州グアダラハラ
位置 北緯20度40分54秒 西経103度27分46秒 / 北緯20.68167度 西経103.46278度 / 20.68167; -103.46278
起工 2004年2月
開場 2010年7月30日
所有者 Jorge Vergara
ピッチサイズ 105 x 70 m
建設費 35億ペソ
設計者 VFO
(formerly HOK México)
Concept designers
Jean Marie Massaud
Daniel Pouzet
使用チーム、大会
CDグアダラハラ
収容能力
49,850

エスタディオ・オムニライフ西: Estadio Omnilife)は、メキシコハリスコ州グアダラハラのJVCコンプレックス内にある球技場。

概要[編集]

老朽化されたエスタディオ・ハリスコに代わって建設。命名権はオーナーが所有するオムニライフが取得した。こけら落としはマンチェスター・ユナイテッド戦で、3対2でグアダラハラが勝利した。2010年に開催されたコパ・リベルタドーレス決勝第1戦のインテルナシオナル戦でも使用された。

2011年開催のU-17W杯でも使用された。また2011年パンアメリカン競技大会の主会場として使用された。

また、JVCセンターが建設される予定である。

外部リンク[編集]