エスタディオ・アノエタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アノエタ
Anoetako estadioa
Estadio Anoeta
Tribuna oeste del Estadio Anoeta.JPG
施設情報
所在地 スペインの旗 スペイン バスク自治州ギプスコア県サン・セバスティアン
位置 座標: 北緯43度18分4.96秒 西経1度58分25.02秒 / 北緯43.3013778度 西経1.9736167度 / 43.3013778; -1.9736167
開場 1993
所有者 サン・セバスティアン市議会
運用者 サン・セバスティアン市議会
ピッチサイズ 105メートル (115 yd) x 70メートル (77 yd)
使用チーム、大会
レアル・ソシエダ
収容能力
32,076

エスタディオ・アノエタ (Estadio Anoeta)は、スペインバスク自治州ギプスコア県サン・セバスティアンにある多目的スタジアム。収容人数は32,076人。サッカークラブのレアル・ソシエダのホームスタジアムであり、多くの場合サッカーの試合に使用される。2009-10シーズン以降、フランスのビアリッツに本拠地を置くラグビーユニオンクラブのビアリッツ・オランピックアヴィロン・バイヨンヌは、ハイネケン・カップのホームゲームを収容人数の多いアノエタで開催することもある[1][2][3]。サッカーの試合で使用されることが多いが、陸上トラックが併設されておりスタンドとピッチの距離が遠く、試合中に「冷めた」雰囲気が生じるため、スタジアムに対して不満を持つファンもいる。

歴史[編集]

1993年に開場し、サン・セバスティアン市が所有している。2004年、レアル・ソシエダのホセ・ルイス・アスティアサラン会長は、ギプスコアレナと呼ばれる計画を開始した[4]。収容人数を42,000人まで増加させることを意図する、2007年に完了予定の計画であり、計画には陸上トラックの撤去も含まれた。この計画ではまた、ホテル、ショップ、他の施設の建設なども意図していたが、提案はすぐにサン・セバスティアン市議会に否認された[5]

2007年末に向けて、レアル・ソシエダの会長候補だったイニャキ・バディオラは、サン・セバスティアン市に向けてスタジアムの買収を提案したが[6]、やはりすぐにサン・セバスティアン市議会に否認された[7]。2008年、会長となったバディオラは新たにふたつの提案を行い[8]、そのひとつは4年前のギプスコアレナに似通ったものだった。これらの提案はサン・セバスティアン市議会で検討されたが、2008年12月20日にバディオラは会長から退任した。続いて就任したホキン・アペリバイ会長はスタジアム改修の新たな試みを開始した。

脚注[編集]

  1. ^ [1] ハイネケンカップ試合記録、2011年7月28日閲覧
  2. ^ [2] 欧州チャレンジカップ試合記録、2011年7月28日閲覧
  3. ^ [3] フランス選手権トップ14試合記録、2011年7月28日閲覧
  4. ^ Gipuzkoarena YouTube(スペイン語)
  5. ^ Elorza comunica a la Real que el Gipuzkoarena "pertenece ya al pasado"エル・パイス、2004年8月31日(スペイン語)
  6. ^ Badiola propone que la Real compre Anoeta al Ayuntamiento エル・ディアリオ・バスコ、2007年12月4日(スペイン語)
  7. ^ Odón Elorza frena la propuesta de Badiola de comprar Anoeta エル・ディアリオ・バスコ、2007年12月6日(スペイン語)
  8. ^ Badiola propone al Ayuntamiento convertir Anoeta en zona residencial y trasladar el estadio ノティシアス・デ・ギプスコア、2008年4月15日(スペイン語)

外部リンク[編集]