エスコ・アホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィンランドの旗 フィンランドの政治家
エスコ・アホ
Esko Aho
FICIL preses konference (4647301694).jpg
2010年
生年月日 1954年5月20日
出生地 中部ポフヤンマー県 ヴェテリ
所属政党 フィンランド中央党
テンプレートを表示

エスコ・タパニ・アホEsko Tapani Aho, 1954年5月20日 - )は、フィンランド共和国の政治家、元首相

中央党の党首、1991年に首相に就任[1]、36歳での首相就任はフィンランド史上最年少で[2]1995年まで務めた。

2000年に行われた大統領選挙では社会民主党タルヤ・ハロネン候補に敗れ[3]、その後はアメリカハーバード大学へ留学した。現在はフィンランド国立研究開発基金(Sitra)の総裁を務めている[4]

著書[編集]

  • Tulevaisuus on tehtävä: maan oikeudesta työn oikeuteen. Helsinki: Otava. (1997). ISBN 978-951-1-14064-1. 
  • Pääministeri. Helsinki: Otava. (1998). ISBN 978-951-1-14065-8. 
  • Kolme kierrosta: presidentinvaalit ja niiden jälkinäytös Esko Ahon päiväkirjan kertomana. Helsinki: Otava. (2000). ISBN 978-951-1-16119-6. 
  • Sattuma suosii valmistautunutta. Helsinki: Kunnallisalan kehittämissäätiö. (2003). ISBN 978-952-5-51404-9. 

脚注[編集]

  1. ^ 「フィンランドにアホ政権」『読売新聞』1991年(平成3年)4月27日付東京朝刊5面。
  2. ^ 「フィンランド新内閣発足」『日本経済新聞』1991年(平成3年)4月27日付朝刊8面。
  3. ^ 「フィンランド 初の女性大統領誕生 ハロネン外相 決選投票で首相破る」『毎日新聞』2000年(平成12年)2月7日付東京本社夕刊4面。
  4. ^ Esko Aho started as Sitra's new president
先代:
ハリ・ホルケリ
フィンランド第58代首相
1991年 - 1995年
次代:
パーヴォ・リッポネン