エスクランゴナ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスクランゴナ
1509 Esclangona
仮符号・別名 1938 YG
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
ハンガリア群
発見
発見日 1938年12月21日
発見者 A. パトリー
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 1.866 AU
近日点距離 (q) 1.806 AU
遠日点距離 (Q) 1.926 AU
離心率 (e) 0.032
公転周期 (P) 2.55 年
軌道傾斜角 (i) 22.32
近日点引数 (ω) 267.47 度
昇交点黄経 (Ω) 283.58 度
平均近点角 (M) 273.69 度
衛星の数 1
物理的性質
直径 8.17 km
(または 12 km)
自転周期 3.247 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 12.64
アルベド(反射能) 0.2327
色指数 (B-V) 0.894
色指数 (U-B) 0.472
■Project ■Template

エスクランゴナ (1509 Esclangona) は、小惑星帯の内縁付近にあるハンガリア群の小惑星。アンドレ・パトリーがニースで発見した。

フランスの天文学者エルネスト・エスクランゴンに因んで命名された。

衛星[編集]

2003年2月13日に、D. C. スレイターらがヨーロッパ南天天文台で行った観測によってエスクランゴナの衛星・仮符号S/2003 (1509) 1が発見された。直径は4km程度(なお、衛星の発見に関する資料では主星の直径を12kmとしている)、軌道の半長径は140km、公転周期は推定20日である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ケミ (小惑星)
小惑星
エスクランゴナ (小惑星)
次の小惑星:
シャルロワ (小惑星)