エスキ・モスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスキ・モスク
基本情報
所在地 トルコ エディルネ
座標 北緯41度40分36秒 東経26度33分21秒 / 北緯41.676712度 東経26.555704度 / 41.676712; 26.555704座標: 北緯41度40分36秒 東経26度33分21秒 / 北緯41.676712度 東経26.555704度 / 41.676712; 26.555704
宗教 イスラム教
建設情報
建築家 Haci Alaeddin, Ömer bin Ibrahim
建築形式 モスク
建築様式 オスマン建築
着工 1403年
完成 1414年
建築物詳細
ドーム数 9
ミナレット 2

エスキ・モスクトルコ語: Eski Camii、エスキ・ジャーミイ)は、トルコエディルネにある15世紀初頭のオスマン帝国時代に建設されたモスクである。日本語で旧モスクと表記されることもある。

1403年にエディルネを統治していたスレイマン(Süleyman Çelebi)の命により建設が始まり、1414年に彼の弟であるオスマン帝国皇帝メフメト1世の治世に完成した。エディルネに現存する中では最古のモスクである。

モスクはエディルネ旧市街の中心部にあり、近隣には有名なセリミエ・モスクユチュ・シェレフェリ・モスクなどがある。モスクの建物は4本の柱に支えられた9個のドームによって覆われている。