エゴノリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エゴノリ
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: アーケプラスチダ Archaeplastida
: 紅色植物門 Rhodophyta
: 紅藻綱 Rhodophyceae
: イギス目 Ceramiales
: イギス科 Ceramiaceae
: エゴノリ属 Campylaephora
: エゴノリ C. hypnaeoides
学名
Campylaephora hypnaeoides J.Agardh[1]
シノニム

Ceramium hypnaeoides[1]

和名
エゴノリ

エゴノリ学名Campylaephora hypnaeoides)は、紅藻の1種で、コンブホンダワラなどの大型海藻に着生して生育する。

広く食用にされ、特に煮溶かして固めた料理は日本海側を中心に「えご」(新潟県)、「えご」・「いご」(長野県北部、安曇野)、「うご」(京都府)、「おきゅうと」(福岡県)などの名称で利用されている。刺身のつまなどにするオゴノリは別種。

同じ科の種類にイギス Ceramium kondoiいぎす豆腐の原料)等があり、同様に食用にされる。

脚注[編集]

関連[編集]