エコーフィスク油田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エコーフィスク油田
エコーフィスク油田の位置(北海内)
エコーフィスク油田
エコーフィスク油田の位置
ノルウェー
場所 北海中部
ブロック 2/4, 2/7, 7/11
陸上/海上 海上
座標 北緯56度32分57.11秒 東経3度12分35.95秒 / 北緯56.5491972度 東経3.2099861度 / 56.5491972; 3.2099861座標: 北緯56度32分57.11秒 東経3度12分35.95秒 / 北緯56.5491972度 東経3.2099861度 / 56.5491972; 3.2099861
運営者 ConocoPhillips Skandinavia AS
共同運営 ペトロ
スタトイル
Eni
コノコフィリップス
トタル
開発史
発見 1969年
生産開始 1971年

エコーフィスク油田ノルウェー語Ekofiskfeltet)はスタヴァンゲルから南西320キロメートル離れた北海油田の一つ。エコーフィスク油田は1969年に発見され、北海油田の中で最も重要な油田の一つである。生産は1971年に開始され、海上にはコノコフィリップスが石油プラットフォームを建設しており、遅くとも2050年までは操業可能である。

1969年にエコーフィスク油田を発見したオーシャンヴァイキング号の模型(Norwegian Museum of Science and Technology

エコーフィスク油田にはCod、Ekofisk、West Ekofisk、Tor、Albuskjell、Eldfisk、EddaそしてEmblaの鉱区から構成される。エコーフィスク油田の中心には、周辺のValhall、Hod、GydaUlaスタートフィヨルドHeimdal、TommelitenそしてGullfaksといった油田への中継基地となる広大なプラットフォームと輸送ハブからなる建築物が存在し、その建築物は29のプラットフォームから構成されている[1]。エコーフィスク油田で採掘された原油はNorpipeを通して、コノコフィリップスが経営するイギリスTeessideの基地へ輸送される[2]天然ガスはNorpipeを通してドイツエムデンに輸送される[3]

地盤沈下[編集]

1980年代半ば、エコーフィスク油田は予想不能の地盤沈下に苦しめられた。地質調査の結果、エコーフィスク油田がある地盤は石灰岩の地盤であることが判明した。石油、天然ガスといった炭化水素が生産され、地盤の下には炭化水素の代りに水に置き換えられたため、石灰岩が溶け始めたのであった。地盤沈下は数メートル記録し、フィリップスがプラットフォームの操業するには困難になった状況に陥った時までに6メートルの地盤沈下になったと推測されている。ノルウェー政府はフィリップスに対し地盤沈下対策をとるよう迫り、またフランステクニップ英語版に問題解決を命令した。7つのうち5つのプラットフォームが相互に連結し同時に6メートル、ジャッキで持ち上げられなければならなかった。この解決策によりプラットフォームの鉄製の脚が伸ばされた。結果としてこれらの脚に巨大なフランジが溶接され、5つのプラットフォームは1回の作業で同時に持ち上げられた。すべてのフランジが溶接されたのちに、プラットフォームは安全になった。1987年8月17日から4日間にかけ、14のNUM 760FCNCと連結した108の液圧式懸架装置(hydraulic cylinders)によりこの作業が行われた [4]。プラットフォームを38時間で6メートル持ち上げる為に、プラットフォームの高さのずれの許容範囲はプラスマイナス100ミリメートルしかなかったため、液圧式懸架装置の高さのずれの許容範囲は相互にプラスマイナス3ミリメートルしかなかった。脚にフランジを溶接している間に、これらの液圧式懸架装置が問題がひとつない機械として取り付けられた。6メートル持ち上げる前に一日かけ、他のプラットフォームと連結していない宿泊用プラットフォームが持ち上げられた。持ち上げられたプラットフォームの重量は約40,000トンであり、ギネスブックにも記録されている。

Bravoからの原油流出[編集]

1977年4月11日、油井内の安全弁が正しく取り付けられていなかったことからEcofisk Bravo platformで停電が発生し[5]、その結果、推定80,000~126,000バレルの原油流出となった北海油田史上最大の原油流出事故となった。アメリカ合衆国出身の消防士Red Adairとその同僚はこの流出事故に対処した[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ekofisk Center”. SubseaIQ. Bishop Interactive. 2010年5月15日閲覧。
  2. ^ “ConocoPhillips Gets Go Ahead to Use Norpipe Oil Pipeline Until 2028”. Rigzone. (2008年7月22日). http://www.rigzone.com/news/article.asp?a_id=64518 2009年11月10日閲覧。 
  3. ^ (PDF) Natural gas in the Nordic countries, Nordic Energy Perspectives, (March 2009), p. 31, http://www.nordicenergyperspectives.org/Natural%20gas%20corr20090302.pdf 2009年11月10日閲覧。 
  4. ^ (PDF) Special Ekofisk, NUM, (October 1987), pp. 1–2, http://docs.niaag.net/pdfs/ekofisk_fr.pdf 2011年1月26日閲覧。 
  5. ^ Oil Rig Disasters - Ekofisk Bravo Platform
  6. ^ Red Adair, Oilwell Firefighter, American Hero - His Story...

外部リンク[編集]