エコビレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エコビレッジの定義[編集]

エコビレッジとは、持続可能性を目標としたまちづくりや社会づくりのコンセプト、またそのコミュニティ。 エコビレッジは、以下のように定義されている[1]

  • ヒューマン・スケールを基準に設計される。
  • 生活のための装備が十分に備わった住居がある。
  • 人間が自然界に害を与えず、調和した生活を行っている。
  • 人間の健全な発達を促進する。
  • 未来に向けて持続的である。

エコビレッジの特徴[編集]

有機農法パーマカルチャーの実践、スモールコミュニティ、持続可能性の追求など。 持続可能な建築、水の循環利用、糞尿分離トイレなどの取り組みなども特徴的。

主要なエコビレッジ[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ Robert Gilman,1991年による