エグバ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エグバ族
Egba
総人口

500,000(1978年)

居住地域
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
言語
クワ語
宗教
不明

エグバ族(エグバぞく、Egba)は、ナイジェリアに住む西アフリカ系黒人部族。

居住地[編集]

ナイジェリア西部、イバダン地区の熱帯雨林地帯に住んでいる。住区や家族居住区に分かれた町や村に住む。

生活[編集]

ヤムイモキャッサバを主食としている。

交易が経済に重要な地位を占め、定期的な市も何ヶ所か存在する。

それぞれ君主と長老の会議を持つ国家が幾つかあるが、いずれの君主も支配権は弱い。なんらかの秘密結社に属するものが多く、この秘密結社が君主たちの権力の障害になっている。

参考文献[編集]

  • 『世界の民族 2』《熱帯アフリカ》平凡社、1978年。