エクトヴィズガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクトヴィズガールの棺
デンマーク国立博物館に所蔵されている「エクトヴィズガール」の棺

エクトヴィズガール: Egtved Girl: Egtvedpigen紀元前1390年頃 - 紀元前1370年)は、デンマークヴァイレ近郊にある村エクトヴィズ英語版北緯55度37分 東経9度18分 / 北緯55.617度 東経9.300度 / 55.617; 9.300[1]1921年に発見された若い女性の遺体である。北欧青銅器時代英語版 に埋葬されたこの女性は保存状態がよく、死亡時の年齢は歯の状態などから推定して16歳から18歳くらい、身長は160センチで長い金髪に華奢な体型、そして手の爪は綺麗に手入れされていた[2][3]。彼女の埋葬時期は、年輪年代学の観点から紀元前1370年と推定された。彼女の遺体を納めた棺は、幅約30メートル、高さ約4メートルの墳墓の中から発見された[2]

経緯[編集]

この墳墓は1921年に発掘され、中からオーク製の棺が発見された[2]。発見された棺は、未開封のままでコペンハーゲンにあるデンマーク国立博物館に移送された。調査のために棺を開いたところ、若い女性の遺体が見つかった。この女性は、「エクトヴィズガール(Egtvedpigen)」という通称で呼ばれるようになった。

エクトヴィズガールは、牛革製の服を着込んだ状態で埋葬されていた。肘まで達する袖つきのゆったりしたチュニックを着ていたが、ウエスト部分は素肌を露出し、短い細紐を連ねたスカートをはいていた[2][3]。また、青銅製の腕輪と、大きな青銅製の円盤がついた羊毛製のベルトを着けていた[3]。彼女の足元には、推定5、6歳の幼児の火葬された骨が布に包まれて置かれていた[2][3]。頭のそばには、シラカバの樹皮でできた小さな箱が置かれていた[2]。箱の中身は、青銅製千枚通しが1つ、青銅製のピン複数、ヘアネット1個だった。彼女はまた、動物の角でできた櫛を持ち、イヤリングをつけていた[3]

エクトヴィズガールは、埋葬される前に毛布と牛革にくるまれていた。セイヨウノコギリソウの花(これは彼女が夏季に埋葬されたことを示していた)の他、小麦蜂蜜セイヨウヤチヤナギ英語版コケモモの4種を原料として醸造されたビールの桶も見つかった[2]。エクトヴィズガールが身に着けていた独特の衣装は、北欧における青銅器時代の一般的な服飾のよい保存例として、発掘当時に大きな反響を呼んだ。彼女の遺体が良好な状態で保存されていたのは、埋葬地付近の土壌酸性湿地帯のためだった[2]

「エクトヴィズガール」の墳墓
復元された墳墓の状況

エクトヴィズガールの服装は復元され、デンマーク国立博物館に展示された。彼女の発掘地付近に建設された博物館では、発掘当時の状況だけではなく、復元された服装も展示されている。

脚注[編集]

  1. ^ 新谷・大辺・間瀬編 デンマーク語固有名詞カナ表記小辞典 (PDF) 2011年5月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Egtved Girl Barrow submitted by C_Michael_Hogan on Thursday,04 October 2007 2011年5月3日閲覧。(英語)
  3. ^ a b c d e The Egtved Girl 2011年5月3日閲覧。(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Danish Prehistory(デンマーク国立博物館ウェブサイト) 2011年5月3日閲覧。(英語)