エクソン・ヴァルディーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Exval.jpeg
船歴
発注
起工 1985年7月29日
進水 1986年10月14日
就役 1986年12月11日
退役
その後 運用中
主要目
総トン数 110,831トン
載貨重量トン数 211,469トン(ロングトン)
214,862トン(メトリックトン)
全長 300.84 m (987 ft)
全幅 50.6 m (166 ft)
深さ 26.8 m
吃水 19.66 m (64.5 ft)
主機 ディーゼル
出力 31,650馬力
航海速力 16.25ノット (30 km/h)
最高速力
積載量 原油148万バレル (235,000 m³)
乗員 21名

エクソン・ヴァルディーズ(Exxon Valdez)は、エクソンの所有する石油タンカー。エクソン・ヴァルディーズは1989年3月24日に船長のジョセフ・ヘイゼルウッドが指揮する中、アラスカ州プリンス・ウィリアム湾で座礁し、1,100万ガロン(24万バレル)の原油を流出させた(エクソンバルディーズ号原油流出事故)。これは史上最大の生態学的災害のうちの1つとして記録された。

船歴[編集]

エクソン・ヴァルディーズはカリフォルニア州サンディエゴナショナル・スチール・アンド・シップビルディング社によって建造され、1986年にエクソンモービルに引き渡された。エクソン・ヴァルディーズはアラスカ州のアリエスカ・コンソーシアム社のパイプライン・ターミナルから原油を輸送するために使用されていた。事故発生時エクソン・ヴァルディーズは5,300万ガロンの原油を搭載していた。

事故後エクソン・ヴァルディーズはサンディエゴへ牽引され、7月10日に到着した。修理は牽引途中の6月30日から開始された。およそ1,600トンの鋼材が1989年の7月中に取り外され交換された。船体の修理には3,000万ドルが費やされた。

修理後、ヴァルディーズはシー・リヴァー・メディトレニアン(Sea River Mediterranean)と改名し、その後 S/R メディトレニアンと短縮、最終的に船名はメディトレニアン(Mediterranean)となった。エクソンは船をアラスカからの原油輸送に使用しようとしたが、法律によってプリンス・ウィリアム湾に入ることを禁じられた。

フィクションにおける登場[編集]

ケビン・コスナーが主演した1995年SF映画ウォーターワールド』は地球温暖化によって北極及び南極の氷が溶け、全ての陸地が水没した近未来を描いており、エクソン・ヴァルディーズが悪役であるスモーカーズ一味の拠点として登場する。船内にはヘイゼルウッド船長の肖像画が飾られ、スモーカーズ一味は彼を「セント・ジョー」と呼んで神格化していた。