エクセレント・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エクセレント・カンパニー』とは、トム・ピーターズとロバート・ウォーターマンによって書かれ、大前研一によって邦訳されたビジネス書。および、そこで提起された理想的な企業のあり方。1983年講談社から刊行され、2003年英治出版から復刊した。

内容[編集]

出版当時、マッキンゼーコンサルタントだった彼らが、「超優良企業」と見なしたいくつかの企業の共通項を抽出したところ、次のようになった。

  1. 行動の重視  
  2. 顧客に密着する  
  3. 自主性と企業家精神 
  4. ひとを通じての生産性向上
  5. 価値観に基づく実践  
  6. 基軸事業から離れない 
  7. 単純な組織・小さな本社 
  8. 厳しさと緩やかさの両面を同じに持つ

当時、超優良と見なされた企業[編集]