エクジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクジソン
識別情報
CAS登録番号 3604-87-3
PubChem 19212
特性
化学式 C27H44O6
モル質量 464.63 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エクジソンEcdysone; エクダイソン)は昆虫ホルモンの一種。前胸腺から分泌されるステロイドホルモンで、脱皮(ecdysis)または変態を促進する作用があり、脱皮ホルモン(Molting hormone)とも呼ばれる。

Ecdysone の構造式。下は立体表示

エクジソンはホルモン前駆体であり、20-ヒドロキシエクジソン(20E)に代謝されて機能を発揮する。これらの類似構造を持つホルモンを総称してエクジステロイド(ecdysteroid)とも呼ぶ。これらは植物にも存在し、植物エクジソンと呼ぶ。昆虫以外の節足動物にも存在し同様の機能を有する。甲殻類ではY器官から分泌される。

歴史[編集]

  • 1940年 福田宗一(当時片倉工業研究所、のち名古屋大学)によってカイコの前胸腺から脱皮・変態を促進する物質が分泌されることが示された。
  • 1954年 A. ButenandtとP. Karlsonによってカイコの蛹500kgから25mgのecdysoneが単離される。
  • 1963年 P. Karlsonによってカイコの蛹1000kgから250mgの結晶ecdysoneを得て化学構造が決定した。

関連項目[編集]