エクゴニジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクゴニジン
識別情報
CAS登録番号 484-93-5 チェック
PubChem 101709
ChemSpider 16735787 チェック
特性
化学式 C9H13NO2
モル質量 167.205 g·mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エクゴニジン(Ecgonidine)は、エクゴニン及びコカインと関連するアルカロイドである。シクロヘプテン環、窒素架橋、カルボン酸側鎖を持つ。

メチルエクゴニジンは、クラック・コカインを炙る際に熱分解で生成し、エクゴニジンに代謝されるため、この2つの化合物は、クラック・コカインの使用のバイオマーカーとして用いることができる.[1]。エクゴニジンはメチルエクゴニジンの代謝物質であるため、2つの物質の濃度の比により、最近いつクラック・コカインを炙ったかを推定することができる。メチルエクゴニジンの濃度が高ければ、最近使用したということになる[2]。エクゴニジンの体内での半減期は約94から137分で、ドラッグを使用した後8から10時間は検出することが可能である。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Scheidweiler KB, Shojaie J, Plessinger MA, Wood RW, Kwong TC. Stability of methylecgonidine and ecgonidine in sheep plasma in vitro. Clinical Chemistry. 2000 Nov;46(11):1787-95.
  2. ^ Paul BD, McWhorter LK, Smith ML. Electron ionization mass fragmentometric detection of urinary ecgonidine, a hydrolytic product of methylecgonidine, as an indicator of smoking cocaine. Journal of Mass Spectrometry. 1999 Jun;34(6):651-60.