エクアート・ギニアーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクアート・ギニアーナ
IATA
8Y
ICAO
GGE
コールサイン
ECUATO GUINEA
設立日 1986年
ハブ空港 マラボ国際空港
保有機材数 1
就航地 4都市
本拠地 マラボ

エクアート・ギニアーナスペイン語: Ecuato Guineana de Aviación)は、赤道ギニアマラボを本拠地とする航空会社[1]。定期便は国内線2都市、国際線はさらに2都市へ乗り入れている。

概要[編集]

1986年に設立された。マラボ国際空港を本拠に西アフリカ中部アフリカにおける旅客及び貨物の輸送を行っている[1]。赤道ギニア国内ではマラボ国際空港、バタ空港、国外ではドゥアラ国際空港カメルーン)、リーブルヴィル国際空港ガボン)に定期便を就航させている。欧州連合(EU)によって安全管理体制に問題があるとして、EU圏内での飛行・離着陸を禁止されている。

機材[編集]

旅客機[編集]

(2007年3月現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Flight International 3 April 2007

関連項目[編集]