エキピロティック宇宙論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エキピロティック宇宙論(エキピロティックうちゅうろん)とは、Khoury, Ovrut, Steinhardt, Turok によって提唱された宇宙論モデル[1]である。

ビッグバンのエネルギー生成のメカニズムは、高次元時空にうかぶ3次元のブレーンワールド同士の衝突によって生じるとする。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ J. Khoury, B. A. Ovrut, P. J. Steinhardt, and N. Turok, Phys. Rev. D 64, 123522 (2001). [1]