エガーバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エガーバーンのスチームトラム
エガーバーンの2号機蒸気機関車転車台
エガーバーンの1号機ディーゼル機関車

エガーバーン (Egger-bahn) はかつてドイツに存在した鉄道模型メーカーである。一部の製品は現在でも生産されている。

概要[編集]

HOスケールで軌間9ミリメートルのナローゲージ鉄道模型を初めて製造したメーカーである。この製品は「HOe」と呼称される。

製品のプロトタイプは産業用軽便鉄道 (feldbahn) で、小型車両を中心に線路なども展開された。カプラーはヨーロッパのHOゲージ製品で広く用いられるループ式カプラーの簡易版で、後にHOe 製品を出したリリプット (Liliput )や、ロコ (Roco ) 、ベモ (Bemo ) などのメーカーも採用し、デファクトスタンダードとなった。

歴史[編集]

1963年に、エガー家の3人兄弟によって創業し、工学修士のテオドール・エガー (Theodor Egger ) と実業家のヨハン・エガー (Johann Egger ) の2人によってドイツ南部・ミュンヘンで設立された。もう一人の兄弟は後に退いた。1963年のニュルンベルク国際玩具見本市で、前年にアーノルトによって作られた軌間9mmの線路を使った、HOスケールのナローゲージ鉄道模型を発表した。これは実物の鉄道で軌間750mmの産業用鉄道をHOスケールで再現したもので、のちに「HOe」または「HOn30」と呼ばれるようになった[1]

1964年にコンスタンティン・フィルム (Constantin Film ) に参加し、ドイツの西部劇映画「アパッチ」に登場するアメリカ開拓期の西部の鉄道車両を製作した。

1967年に会社は潰れ、後にフランスジョエフ (Jouef ) が金型を入手して再生産を行った。発売から40年以上経過した2007年現在でも、スイスで動力を一新して再生産されている。[2]

製品[編集]

製品は、主に射出成形によるプラスチック製である。電気方式は直流二線式が採用されている。車両、線路、電源装置などをセットにした入門セットが各種作られた。

車両[編集]

車体はプラスチック製。動力ユニットは2軸駆動のもので、各種機関車において共通の動力ユニットが使用されていた。ディーゼル機関車蒸気機関車電気機関車・スチームトラム・蒸気動車といった動力車と、客車貨車・ナベトロ・運材台車などのトロッコ類など多彩な車種が展開された。機関車に磁石を搭載し、鉄製のレールに吸着力を働かせるマグナクラフト (Magnakraft ) といった先駆的な事も行っていた。

客車・貨車は2軸車で、台車は床板に固定されておらず、1軸ごとに線路に追随してボギー台車のように回転する。また、カプラーを台車に設置し、急曲線に対応していた。

ほとんどの車両はドイツ型であったが、アメリカ向けとして、カウキャッチャーをつけ、2軸テンダーを従えアメリカ風に仕立てられた蒸気機関車と、ダブルルーフにUnion Pacificの大きなロゴを入れたアメリカ風の客車をセットにした商品も作られた。

線路[編集]

線路はNゲージの流用ではなく、枕木の間隔が空いたナロー専用の形であった。直線、曲線、ポイント (電動・手動) 、アンカプラー (連結解放装置) 付き線路 (電動・手動) 、フィーダー (給電コード) 付き線路、クロッシング (交差線路)、ギャップ付き線路、車止めなどが発売された。後期の物は枕木の幅が少し広くなっている。レールは鉄製であった。

電源装置・他[編集]

電源装置とポイントスイッチに加え、リレーラー (線路に車両を載せる際の補助器具) 、ホイールクリーナーなどのアクセサリーや機関庫が展開され、トータルなシステムを築いていた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]