エウロパ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウロパ
52 Europa
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1858年2月4日
発見者 H. ゴルトシュミット
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 3.099 AU
近日点距離 (q) 2.776 AU
遠日点距離 (Q) 3.422 AU
離心率 (e) 0.104
公転周期 (P) 5.46 年
軌道傾斜角 (i) 7.475°
近日点引数 (ω) 343.96°
昇交点黄経 (Ω) 128.76°
平均近点角 (M) 160.58°
物理的性質
三軸径 360 × 315 × 240 km
直径 302.50 km
質量 (5.2±1.8) ×1019 kg
平均密度 3.6±1.2 g/cm³
表面重力 ~0.11 m/s²
脱出速度 ~0.20 km/s
自転周期 5.633 時間
スペクトル分類 C
絶対等級 (H) 6.31
アルベド(反射能) 0.0578
表面温度
最低 平均 最高
~173 K 258 K
(-15℃)
色指数 (B-V) 0.679
色指数 (U-B) 0.338
■Project ■Template

エウロパ (52 Europa) は小惑星帯(メインベルト)の小惑星ヒギエア族の軌道に近いが、属してはいない。

ヘルマン・ゴルトシュミット1858年2月4日に発見した。ギリシア神話ゼウスが雄牛に変化してさらったとされる美しい娘エウロペにちなんで名づけられている。

エウロパはメインベルトの小惑星と準惑星の中で7番目に大きく、質量は6番目に大きい(ケレスベスタパラスヒギエアインテラムニアに次ぐ)。これはメインベルトのすべての岩石のうちの2%に当たる。

C型小惑星であり、この中でも4番目に大きいが表面は暗い。光分器での観測によると、表面の一部にはカンラン石輝石が含まれていると考えられる。

観測回数は多いにもかかわらず、エウロパの自転について詳しくわかるようになるまでには時間がかかった。現在では、ライトカーブ観測によって5時間ほどの周期で順行回転していると考えられている。また、詳しい観測によると (β, λ) = (70°, 55°) か (40°, 255°) あたりに極を向けていると考えられる。

なお、木星の衛星に同名のエウロパがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ネマウサ (小惑星)
小惑星
エウロパ (小惑星)
次の小惑星:
カリプソ (小惑星)