エウロパサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウロパサウルス
生息年代: 154 Ma
Europasaurus holgeri.jpg
復元骨格
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 竜脚形亜目 Sauropodomorpha
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
階級なし : マクロナリア Macronaria
: エウロパサウルス属 Europasaurus
学名
Europasaurus
Sander et al.2006
下位分類(

エウロパサウルスEuropasaurus)は四足歩行で草食竜脚類恐竜である[1]。基盤的なマクロナリアに分類される。ジュラ紀後期(キンメリッジ期、約1億54000万年前)に現在のドイツ北部に生息していた [1]。現在のニーダーザクセン盆地が島であり、隔離によって生じた竜脚類の島嶼矮化の例として認識されている。

記載[編集]

エウロパサウルスの頭骨l
復元図

エウロパサウルスは以下の固有派生形質を持つ [1]:前上顎骨鼻骨突起が前背側に突出している;内側切痕頸椎椎体の後方腹側の縁になっている;肩峰突起が著しく後方に突出している;距骨の横幅が上下幅、前後幅の2倍である。カマラサウルスと比較してエウロパサウルスは後眼窩骨の翼状の後部突起が前部突起よりやや長て広く、カマラサウルスのものよりはるかに短い。これ以外の違いとしてエウロパサウルスでは鼻骨前頭骨の接触部がより短く、頭頂骨が後ろから見て四角い。カマラサウルスと異なり、仙骨前方の椎骨では神経棘が二股になっていない。また、ブラキオサウルスと比較して、部が短く、方形頬骨鱗状骨と接触している。肩甲骨の前内側が平らで遠位近位骨端が一直線に並んでいない。マクロナリアのルソティタンLusotitan)や"ケティオサウルス"・フメロクリスタトゥス("Cetiosaurus" humerocristatus)と比較され両種どちらとも異なる独自の種であることが示されている。決定的にはエウロパサウルスは既知の新竜脚類の成体としては最小である。

発見史[編集]

現在のところ唯一の種でもあるタイプ種Europasaurus holgeriで、成体および幼体の化石が海成の炭酸塩層("bed 93")から発掘されており、これには体長1.7 mから6.2 mの範囲の7個体の化石が含まれている。属名はヨーロッパと古代ギリシャ語で「トカゲ」を意味するsaurosより派生し、「ヨーロッパのトカゲ」という意味である。種小名はこの分類群の化石を最初に発見したホルガー・リュトゥケ(Holger Lüdtke)に献名されたものである。ホロタイプ標本 (DFMMh/FV 291; Dinosaurier-Freilichtmuseum Münchehagen/Verein zur Förderung der Niedersächsischen Paläontologie)は同一個体に由来するばらばらの頭骨の一部、頸椎、仙椎で構成されている。 この標本およびこの分類群のものとされる他の全ての化石はニーダーザクセン州ゴスラー近郊のランゲンベルク発掘地の"bed 93"で収集された

分類[編集]

Europasaurus holgeri分岐学的解析の結果[1] この種の特徴は矮化によるもので、系統としてはカマラサウルスより派生的なマクロナリアであり、ブラキオサウルス科及びより派生的なティタノサウルス形類姉妹群であると示されている。

純古生物学[編集]

Europasaurus holgeriの化石剖出作業

現在ニーダーザクセン盆地(陸地は2000 km2未満)となっている古代の島々の中では、たとえ最大の島であっても大型竜脚類の個体群に十分な食料はなかったと考えられるため、エウロパサウルスの祖先は島に移住後、急速に矮化したことが示唆される[1] 。エウロパサウルス以外の島嶼矮化の例としては現在のルーマニアにあったハツェグ島en)のマーストリヒト期(白亜紀末)の地層から発見されたマギュアロサウルスMagyarosaurus[2]ハドロサウルス類テルマトサウルスTelmatosaurus[3]がある 。これらの2例では古地理学古環境学により大型な種から小型な新種への進化が説明されている。

化石骨の組織学的な研究からこれらの化石が小型種のものであって大型なマクロナリアの種の亜成体ではないことが確証されている。 同様に、一般的な大型竜脚類であるカマラサウルスの長骨の組織学的な研究からエウロパサウルスの体の小ささは成長率の減少によるものであることが示されている。この現象は、他の竜脚類の巨大化が加速的成長によるものであることの逆転である[1]。ブラキオサウルスやサウロポセイドンといった最大級の恐竜を含むこの分類群での矮化は特に注目すべきことである。

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f Sander, P. M., Mateus, O., Laven, T., Knötschke, N. 2006. Bone histology indicates insular dwarfism in a new Late Jurassic sauropod dinosaur. Nature 441: 739-741.
  2. ^ Nopsca, F. 1914. Über das Vorkommen der Dinosaurier in Siebenbürgen. Ver. Zool. Bot. Ges. Wien. 54: 12-14.
  3. ^ Weishampel, D., Norman, D. B. et Grigorescu, D. 1993. Telmatosaurus transsylvanicus from the Late Cretaceous of Romania: the most basal hadrosaurid dinosaur. Palaeontology 36: 361-385.