エウメネス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウメネス1世の肖像が描かれた硬貨

エウメネス1世ギリシア語: Ευμένης Α΄、Eumenes I)は、紀元前263年から死去する紀元前241年まで在位したアッタロス朝(ペルガモン王国)の君主である。アッタロス朝の創始者であるフィレタイロスの兄弟であるエウメネスとポセイドニオスの娘サテュラの息子として生まれ、子供のいないフィレタイロスの後継者となった。

名目上はセレウコス朝の支配下にあったが、フィレタイロスのペルガモン王国にはかなりの自治が認められていた。しかしエウメネス1世は王位を継ぐと、おそらくプトレマイオス2世に唆されて反乱を起こし、紀元前261年サルディス近郊でセレウコス朝のアンティオコス1世を破った。彼はペルガモン王国を解放し、領土を大幅に広げた。彼は新しい領土である北部のカズ・ダーの麓に駐屯地を置いて義父にちなんでフィレタイレイアと名付け、また東にはティアティラの北東部に祖父にちなんだアッタレイアという駐屯地を置いた。フィレタイロスは硬貨にセレウコス1世の肖像を使っていたが、エウメネス1世は独立を示すために、フィレタイロスの肖像を刻印した硬貨を発行した。

彼には子供がいたかどうかは分かっていないが、テスピアイの街に"Philetaerus son of Eumenes"と記した碑文が見つかっており、これはエウメネス1世の子であり、父が紀元前241年に死去する前に死んだと考えている研究者もいる。エウメネス1世は2番目の従兄弟であるアッタロス1世をペルガモン王国の後継者とした。

参考文献[編集]

  • Hansen, Esther V. (1971). The Attalids of Pergamon. Ithaca, New York: Cornell University Press; London: Cornell University Press Ltd. ISBN 0-8014-0615-3.
  • Kosmetatou, Elizabeth (2003) "The Attalids of Pergamon," in Andrew Erskine, ed., A Companion to the Hellenistic World. Oxford: Blackwell: pp. 159?174. ISBN 1-4051-3278-7. text
  • Livy, History of Rome, Rev. Canon Roberts (translator), Ernest Rhys (Ed.); (1905) London: J. M. Dent & Sons, Ltd. 
  • Pausanias, Description of Greece, Books I-II, (Loeb Classical Library) translated by W. H. S. Jones; Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press; London, William Heinemann Ltd. (1918) ISBN 0-674-99104-4. 
  • Strabo, Geography, Books 13-14, (Loeb Classical Library) translated by Horace Leonard Jones; Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press; London: William Heinemann, Ltd. (1924) ISBN 0-674-99246-6. 
  • グナイウス・ポンペイウス・トログス/ユスティヌス『地中海世界史』(2004年、合阪學・訳、西洋古典叢書:京都大学学術出版会


先代:
フィレタイロス
アッタロス朝の君主
紀元前263年 - 紀元前241年
次代:
アッタロス1世