エウフロシネ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウフロシネ
(ユーフロシン)
31 Euphrosyne
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1857年9月1日
発見者 J. ファーガソン
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 3.149 AU
近日点距離 (q) 2.438 AU
遠日点距離 (Q) 3.860 AU
離心率 (e) 0.226
公転周期 (P) 5.59 年
軌道傾斜角 (i) 26.316°
近日点引数 (ω) 61.990°
昇交点黄経 (Ω) 31.236°
平均近点角 (M) 32.143°
物理的性質
直径 255.90 km
自転周期 5.531 時間
スペクトル分類 C / Cb
絶対等級 (H) 6.74
アルベド(反射能) 0.0543
色指数 (B-V) 0.687
色指数 (U-B) 0.317
■Project ■Template

エウフロシネ (31 Euphrosyne) は、太陽系の比較的大きな小惑星のひとつ。火星木星の間の軌道を公転している。英語読みユーフロシンでも知られる。

命名[編集]

エウフロシネは北アメリカ大陸で初めて発見された小惑星であるが、その名称はギリシア神話に登場する、美と優雅の女神カリスたち(カリテス)三美神の一柱、エウプロシュネーラテン語表記に由来する。エウプロシュネとは「喜び」を意味する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ウラニア (小惑星)
小惑星
エウフロシネ (小惑星)
次の小惑星:
ポモナ (小惑星)