エイリアン・ビッグ・キャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイリアン・ビッグ・キャット
別名: ファントムキャット
概要
種別 未確認動物
詳細
イギリスの旗 イギリス
テンプレートを表示

エイリアン・ビッグ・キャット: Alien Big CatABC)は、イギリスに現れる未確認動物 (UMA) の一種。ファントムキャット: Phantom cat)、モギィービーストとも呼ばれる。

1960年代頃から目撃例がたびたび報告されており、写真映像の記録にも成功している。また、エイリアン・ビッグ・キャットと思われる個体の捕獲に成功した記録もあり、UMA としては実在する可能性が非常に高い稀有な存在である。

概要[編集]

エイリアン・ビッグ・キャットはヒョウピューマなどのやや大型なネコ科動物に似た外見を持ち、家畜を襲うなど獰猛な気性の生物とされている。目撃談によれば、一般的なイエネコと比べて脚が長く、全体的にがっしりした体格だという(これはヤマネコに属する各種に共通する特徴でもある)。なお、イギリスでは、近代以降これらの特徴に該当する野生動物の生息は確認されていない。

また、空気に溶け込むように姿を消す、テレポートを行うなど、超能力らしき能力を持つとする説もある。

考察[編集]

正体については、次のような仮説が立てられている。

野生化したペット説
イギリスでは違法な生物の飼育による事件がたびたび発生しており、猛獣を山中に生きたまま放置した例も実際に報告されている。特にピューマは環境に対する適応能力が高く、イギリス国内で野生化し生存し続ける可能性は充分考えられる。また、「国内に持ち込まれたヤマネコ」と、イエネコとの交雑種とする説も多い(実際に該当する交雑種の個体が捕獲されている)。最も有力な説[要出典]である。
新種のヤマネコ説
「従来の区別に当てはまらない、イギリス土着のヤマネコが存在する」というもの。約1万年前までイギリス本土に生息していた、ヨーロッパオオヤマネコの生き残りとされる。
人工生物説
バイオテクノロジークローン技術など)によって生みだされた生物が脱走した」、という説。同種の説は、チュパカブラなどにも唱えられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]