エイヤフィヨルズル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯65度51分 西経18度08分 / 北緯65.850度 西経18.133度 / 65.850; -18.133

地図中の着色されている部分がエイヤフィヨルズルである。
夏のエイヤフィヨルズル
エイヤフィヨルズルを挟んだ南東方向の様子。エクスナダールスヘイジ(アイスランド語: Öxnadalsheiði)道の西出口より。

エイヤフィヨルズルエイヤ・フィヨルドアイスランド語: Eyjafjörður, 「島のある峡湾」の意[1])は、アイスランド中北部にあるフィヨルド。中北部では最長のフィヨルドである。この周辺は、レイキャヴィーク周辺に続きアイスランドで2番目に人口が多い地域となっている。この地名は、湾内にフリース島アイスランド語: Hrísey)という大きな島があることに由来する。

自然地理[編集]

エイヤフィヨルズルは細長く遠浅で、湾口から湾奥まで約 60 km の奥行きがある。幅が最も広くなっている地点は、フィヨルドの湾口にあたるそれぞれシグルネースアイスランド語: Siglunes)、ギョーグルタウアイスランド語: Gjögurtá)と呼ばれる地点の間で、幅 25 km となっている。しかし、縦に長く伸びたフィヨルドの大部分では、通常 6-10 km 幅となっている。2つの小フィヨルドが、エイヤフィヨルズルの西側から枝分かれしており、それぞれオゥラフスフィヨルズルアイスランド語: Ólafsfjörður)、ヒェジンスフィヨルズルアイスランド語: Héðinsfjörður)と呼ばれている。

エイヤフィヨルズルは両岸を丘陵山地に囲まれているが、西側のトロトラ半島アイスランド語: Tröllaskagi)にある山地のため、西岸の方が東岸よりかなり高い。フィヨルドの外側の部分では、急勾配の丘陵がまっすぐ海へと落ち込んでいるため、岸に沿った低地が無い。フィヨルドをさらに南に下ったところでは、両岸に沿って細長い低地が存在している。この低地は、西岸側の方がより広くなっている。

何本かのがエイヤフィヨルズルから続いている。その多くは西側にあり、代表的なものはヘルグアウル谷アイスランド語: Hörgárdalur)とスヴァルヴァーザル谷アイスランド語: Svarfaðardalur)の2つである。ダールスミンニアイスランド語: Dalsmynni)はエイヤフィヨルズルの東側にある唯一の谷である。しかしながら、エイヤフィヨルズルにある最大の谷は、フィヨルド部から南へとまっすぐ延びている谷であり、この谷もまたエイヤフィヨルズルと呼ばれる。それは長く幅広で、アイスランド最大の農業地域の一つが存在している。

湾には多くの川が流れ込んでおり、代表的なものにエイヤフィヤルザル川アイスランド語: Eyjafjarðará)、フニョウスク川アイスランド語: Fnjóská)、へルグ川アイスランド語: Hörgá)がある。

湾の中央にあるフリース島アイスランド語: Hrísey)はアイスランド沿岸にある島々の中で2番目に大きい島であり(1位はヘイマエイ島)、「エイヤ・フィヨルドの真珠」と呼ばれることもある。

住人[編集]

アークルエイリ。エイヤフィヨルズルの西岸より望む。2007年11月、朝撮影。

エイヤフィヨルズル地域は、南西アイスランドにある大レイキャヴィーク圏に次いで、アイスランドで2番目に人口の多い地域である。この地域の総人口は、2008年の時点でおよそ24,000人である(ただしシグルフィヨルズルアイスランド語: Siglufjörður)にある同名の(en)とグリムス島アイスランド語: Grímsey)を除く――それらの地域はしばしばエイヤフィヨルズルに関連づけられるが、地理的な意味では所属しているとは言えない)。

最大の町はアークルエイリアイスランド語: Akureyri)であり、この地域の他の町に比べ群を抜いて大きい。他の集落には、ダールヴィークアイスランド語: Dalvík)、オゥラフスフィヨルズルアイスランド語: Ólafsfjörður)、フリース島アイスランド語: Hrísey)、アウルスコウグスサンドゥルアイスランド語: Árskógssandur)、ホイガネースアイスランド語: Hauganes)、ヒヤルトエイリアイスランド語: Hjalteyri)、フラプナギルアイスランド語: Hrafnagil)、スヴァルバルズスエイリアイスランド語: Svalbarðseyri)、グレーニヴィークアイスランド語: Grenivík)などがある。これら集落のほとんどが漁業農業で生計を立てているのに対し、アークルエイリは産業の中心地であるだけでなく、現在成長中の大学(アークルエイリ大学英語版)がある町でもある。

脚注[編集]

  1. ^ 浅井辰郎森田貞雄『アイスランド地名小辞典』(帝国書院、1980年)。Eyjafjörður < eyja」+ fjörðurフィヨルド」。

関連項目[編集]