エイブラハム・リンカーン (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Abraham Lincoln (SSBN-602).jpg
艦歴
発注: 1958年7月30日
起工: 1958年11月1日
進水: 1960年5月14日
就役: 1961年3月11日
退役: 1981年2月28日
その後: 原子力艦再利用プログラム
除籍: 1982年12月1日
性能諸元
排水量: 水上 5,959トン
水中 6,709トン
全長: 381.6 ft (116.3 m)
全幅: 33 ft (10.0 m)
吃水:
機関: S5W reactor
最大速: 水上 16ノット (30km/h)
水中 22ノット (41km/h)
兵員: 士官12名、兵員100名(各班)
兵装: ミサイル発射管16門、
21インチ魚雷発射管6門

エイブラハム・リンカーン (USS Abraham Lincoln, SSBN-602) は、アメリカ海軍原子力潜水艦ジョージ・ワシントン級原子力潜水艦の5番艦。艦名はエイブラハム・リンカーンに因む。

艦歴[編集]

エイブラハム・リンカーンの建造は1958年7月30日にメイン州キタリーポーツマス海軍造船所に発注され、1958年11月1日に起工した。1960年5月14日にマリー・L・ベックウィズ夫人によって進水し、1961年3月8日にブルー班艦長レオナード・アーブ中佐およびゴールド班艦長ドナルド・M・ミラー中佐の指揮下就役した。

エイブラハム・リンカーンは1961年3月20日に就役後の整調及び兵器試験のためフロリダ州ケープカナベラルへ向かい、6月1日にポーツマスに帰還すると整調後の信頼性試験に入った。ポーツマスを7月17日に出航し、再びケープカナベラルで試験を行った後サウスカロライナ州チャールストンに向かう。リンカーンは8月28日に第14潜水戦隊(SubRon 14)の1ユニットとして出航し、スコットランドホーリー・ロッホに10月に到着した。11月は潜水母艦プロテウス (USS Proteus, AS-19) の横で補修を受け、作業が完了すると最初の戦略抑止哨戒を始める。

エイブラハム・リンカーンは続く4年に渡ってホーリー・ロッホを拠点として活動した。リンカーンはホーリー・ロッホでプロテウスまたはハンリー (USS Hunley, AS-31) から維持補修を受け、哨戒を行った。1962年10月にキューバ危機が発生し、4週間の維持期間途中にあったリンカーンは展開の指令を受ける。リンカーンは直ちに出航し65日間の巡航を行った。1965年10月13日にコネチカット州グロトンに到着し、オーバーホールおよび燃料補給のため10月25日にエレクトリック・ボートのドックに入る。

作業は1967年6月3日に完了し、リンカーンはホーリー・ロッホに帰還、哨戒任務を再開する。リンカーンは1972年まで哨戒と、サイモン・レイク (USS Simon Lake, AS-33) およびカノープス (USS Canopus, AS-34) による補修を交互に行った。1972年3月にリンカーンは本国への帰途に就き、4月25日にニューロンドン海軍潜水艦基地に到着する。乗組員の家族を乗せた二度の巡航を行った後、リンカーンは5月19日に太平洋艦隊に合流するため西海岸へ向かう。フロリダ州フォート・ローダーデールで停泊した後、6月1日にパナマ運河を通過しワシントン州バンゴールに向かい、ミサイルを降ろすとカリフォルニア州サンフランシスコに向かう。6月25日にリンカーンはヴァレーホメア・アイランド海軍造船所入りしオーバーホールと燃料補給を行う。

広範囲オーバーホールは1973年12月に完了した。ピュージェット・サウンドおよびサンディエゴ海域での整調後リンカーンは1974年6月1日にパナマ運河を通過する。フロリダ州ケープカナベラルおよびサウスカロライナ州チャールストンで試験を行った後、7月26日に再びパナマ運河を通過し、新たな母港のハワイ州真珠湾に向かう。真珠湾には9月10日に到着した。続いて前線基地のグアムに向かい、10月18日に到着する。リンカーンはグアムからマリアナ諸島で戦略抑止哨戒を行った。続く4年に渡ってグアムを拠点として活動し、多くの試験、演習を行った。1977年にリンカーンは50回の戦略抑止哨戒を完了した最初の弾道ミサイル潜水艦となった。

エイブラハム・リンカーンは1979年10月に最後の哨戒を終えて、10月30日にバンゴールでミサイルを降ろした。退役に備えた不活性化オーバーホールは1980年から81年にかけて行われ、エイブラハム・リンカーンは1981年2月28日に退役、1982年12月1日に除籍された。リンカーンは1994年5月10日にピュージェット・サウンド海軍工廠原子力艦再利用プログラムに従って解体された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]