エイブラハム・カプラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイブラハム・カプラン(Abraham Kaplan、1918年6月11日 - 1993年6月19日)は、アメリカ合衆国哲学者行動科学が専門。

ウクライナオデッサ出身。1923年にアメリカに移住し、1930年に帰化聖トマス大学で化学を専攻した後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の大学院に進学し、1942年に哲学博士号取得。ニューヨーク大学、UCLA哲学部ミシガン大学ハイファ大学イスラエル)、ランド研究所政策大学院で教鞭をとった。

著書[編集]

  • American ethics and public policy, Greenwood Press, 1958.
  • The new world of philosophy, Collins, 1961.
  • The conduct of inquiry: methodology for behavioral science, Chandler, 1964.
  • In pursuit of wisdom: the scope of philosophy, Glencoe Press, 1977.

共著[編集]

  • Power and society: a framework for political inquiry, Harold D. Lasswell and Abraham Kaplan, Yale University Press, 1950.
『権力と社会――政治研究の枠組』、堀江湛加藤秀治郎永山博之訳、芦書房、2013年
  • Freedom and terror: reason and unreason in politics, Abraham Kaplan and Gabriel Weimann, Routledge, 2011.

編著[編集]

  • Individuality and the new society, edited by Abraham Kaplan, University of Washington Press, 1970.