エイドリアン・ゴールズワーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイドリアン・ゴールズワーシー(Adrian Keith Goldsworthy, 1969年-)は、イギリスの歴史学者。専門は古代ローマ史特に軍事史。

オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジ卒業。カーディフ大学ジュニア・リサーチ・フェロー、キングス・カレッジ・ロンドン客員教授などを務めたのち、現在は著作に専念。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Roman Army at War 100 BC – AD 200 (OUP, 1996)
  • Roman Warfare (Cassell, 2000)
  • The Punic Wars (Cassell, 2000)
    • Reprint title: The Fall of Carthage: The Punic Wars 265–146 BC (Cassell, 2003)
  • Fields of Battle: Cannae (Orion, 2001)
  • In the Name of Rome: The Men Who Won the Roman Empire (Orion, 2003)
  • The Complete Roman Army (Thames & Hudson, 2003)
    • 『古代ローマ軍団大百科』(池田裕古畑正富・池田太郎訳、東洋書林、2005年)
  • Caesar: Life of a Colossus, (Yale University Press, 2006)
  • The Fall of the West: The Death of the Roman Superpower (Orion, 2009)
    • U.S. title: How Rome Fell: Death of a Superpower, (Yale University Press, 2009)
  • Antony and Cleopatra (Yale University Press, 2010)
  • True Soldier Gentleman (George Weidenfeld & Nicholson, 2011)*小説