エア・オーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エア・オーランド
Air Åland
IATA
'
ICAO
'
コールサイン
'
設立日 2005年01月14日 (2005-01-14)
運航開始日 2005年10月29日 (2005-10-29)
就航地 4
本拠地 マリエハムン
代表者 Kjell Clemes(取締役会会長)
Jan Erik Sundberg(最高経営責任者)[1]
外部リンク http://www.airaland.com/

エア・オーランド(Air Åland)は、オーランド諸島航空会社である。


歴史[編集]

オーランド諸島の20以上の法人が出資し、Flyg & Far Ålandの名称で2005年1月に設立[2]。2005年10月29日からマリエハムンヘルシンキとを結ぶ路線の運航を開始した。2006年にはストックホルムへの路線も開設された。トゥルクへの路線も計画されていたが[3][4]、設立当初は開設に至らなかった。トゥルクへの路線は2012年4月に実現した。

就航路線[編集]

マリエハムンとスウェーデン、フィンランド両国を結ぶ路線を運航する。各路線ともサーブ 340機により運航されている。

実際の運航はスウェーデンの航空会社であるNextjetが行っている。2008年8月まではNordic Solutions Air Services(リトアニアの航空会社、後にAvion Expressに改名)が、2010年8月までAvitrans Nordicが運航を行っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kjell Clemes ny ordförande för Air Åland
  2. ^ Harald Rosén, “Svensk leder Åländskt Gotlandsflyg”, 2005-01-18.
  3. ^ Air Åland
  4. ^ Fredrika Sundberg, “Nu är Air Åland i luften”, Ålandstidningen, 2005-10-31.

外部リンク[編集]