エア・アメリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エア・アメリカ
IATA
AAM
ICAO
AAM
コールサイン
AIR AMERICA
運航開始日 1950年
運航停止日 1976年
拠点空港 那覇空港
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パイロットの帽子
軽輸送機として使用していたピラタス PC-6

エア・アメリカ: Air America)は、アメリカ合衆国にあった航空会社である。

中央情報局ベトナム戦争時に東南アジアで秘密作戦を行うために設立されたものでCIAの特殊部隊SAD(Special Activities Division)に所属していた。

主に麻薬の生産地であるメコン川流域のタイラオスミャンマー黄金の三角地帯にて麻薬や食糧、武器を空輸する活動を行った[1]。また、1964年6月から1967年6月末にかけて、那覇空港 - 沖縄離島(宮古島石垣島)の定期空路を運用していたが、ここが撤退することになったが故に、日本資本の航空会社・南西航空(現在の日本トランスオーシャン航空)が誕生した、といういきさつがある。


イギリスのルポライター、クリストファー・ロビンスによるドキュメンタリー小説の題材にもなり、エア★アメリカとして映画化された。日本語版が新潮社から発売された事がある(ISBN 4102331018)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]