エアロビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワイトサンズ・ミサイル実験場博物館のエアロビーハイミサイル

エアロビー(Aerobee)は、大気上層や宇宙線を研究するための小型(8m)の弾道飛行観測ロケットである。1950年代アメリカ合衆国で用いられた。

エアロジェット社で1946年に開発がスタートし、1947年11月24日ニューメキシコ州ホワイトサンズ・ミサイル実験場で初めて打ち上げられ、56kmの高度に達した[1]

ロケットは固体燃料ブースター硝酸/アニリンサスティナーの2段式で、230kmの高度まで到達することが可能であった(後に400kmまで延長された)。機器は常に遠隔操作され、パラシュートで回収された。

ロケットが高度に達するのに十分なスピードを得るため、53mの高い打上げ塔を必要とした。打上げ塔はワロップス島のホワイトサンズ・ミサイル実験場で製造され、ミサイル実験艦ノートン・サウンド上に設置された。エアロビーは68kgのペイロードを130kmの高度まで運搬する能力を有した。

初めて機器を運んだエアロビーは、1948年3月5日に打ち上げられたA-5で、宇宙線測定のための機器を運び、117.5kmの高度に達した。最後の打上げは1958年で、それまでに改良機も含めて、この場所から165機の打上げが成功した。エアロビーの改良機は、1968年から1969年アポロ計画に関連した研究のために打ち上げられた。エアロビーの開発者達によって、エアロビーハイも開発され、1955年に初めて打ち上げられた。

世界中で、合計改良機も含めて1037機のエアロビーが打ち上げられた。最後の打上げは1985年1月17日であった。

データ[編集]

エアロビー[編集]

  • ペイロード:68kg
  • 最高飛行高度:130km
  • 離陸力:18kN
  • 合計質量:727kg
  • 直径:0.38m
  • 全長:7.80m

エアロビー75[編集]

  • ペイロード:80kg
  • 離陸力:7.00kN
  • 合計質量:400kg
  • 全長:6.00m

エアロビー150[編集]

  • ペイロード:68kg
  • 最高飛行高度:270km
  • 離陸力:18kN
  • 合計質量:930kg
  • 直径:0.38m
  • 全長:9.30m

エアロビー170[編集]

ホワイトサンズ・ミサイル実験場博物館のエアロビー170
  • 最高飛行高度:200km
  • 離陸力:225kN
  • 合計質量:1270kg
  • 直径:0.42m
  • 全長:12.60m

エアロビー170A[編集]

  • 最高飛行高度:200km
  • 離陸力:217kN
  • 合計質量:1270kg
  • 直径:0.42m
  • 全長:12.40m

エアロビー170B[編集]

  • 最高飛行高度:200km
  • 離陸力:225kN
  • 合計質量:1270kg
  • 直径:0.42m
  • 全長:12.40m

エアロビー200[編集]

  • 最高飛行高度:250km
  • 離陸力:225kN
  • 合計質量:1600kg
  • 直径:0.42m
  • 全長:12.60m

エアロビー300[編集]

  • ペイロード:45kg
  • 最高飛行高度:300km
  • 離陸力:18kN
  • 合計質量:983kg
  • 直径:0.38m
  • 全長:9.90m

エアロビー350[編集]

  • ペイロード:227kg
  • 最高飛行高度:450km
  • 離陸力:217kN
  • 合計質量:3839kg
  • 直径:0.56m
  • 全長:15.90m
  • 翼幅:2.30m

出典[編集]

  1. ^ Area and Missile Range Chronology”. WSMR. 2010年8月12日閲覧。