PAL エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PAL エクスプレス
PAL Express
IATA
2P
ICAO
GAP
コールサイン
AIRPHIL
設立 1995年2月13日
運航開始 1996年2月1日
ハブ空港 ニノイ・アキノ国際空港 (ターミナル2,3)
保有機材数 22機
就航地 26都市
親会社 PAL Holdings Inc.
本拠地 フィリピンの旗 フィリピン マニラ
外部リンク http://www.flypalexpress.com/

PAL エクスプレス(PAL Express)はフィリピン格安航空会社

概要[編集]

1995年2月、エア・フィリピン(Air Philippines)として設立、1996年2月に就航した。2007年、フィリピン航空の傘下に入ったが、2009年8月31日に運行を停止し、フィリピン航空と、PAL Expressが路線を引き継いだ。2010年3月、PAL Expressと統合し、エアフィル・エクスプレス(Airphil Express)へと社名を変更し、運行を再開した。2012年3月、フィリピン航空は、エアフィル・エクスプレス(Airphil Express)のブランド名をPAL Expressに変更し、機体のカラーリングやサービス内容等もフィリピン航空の標準に統一すると発表した[1]

就航都市[編集]

フィリピンの旗 フィリピン

香港の旗 香港

シンガポールの旗 シンガポール

マレーシアの旗 マレーシア

機材[編集]

PAL エクスプレス 機材
機 種 合計 発注数 座席
(エコノミー)
ルート 備 考
エアバスA320-200
13
7
177/180
国内線/国際線
2機はリース、他は新造機で2013年中に納入予定
RP-C8391 はフィリピン航空塗装
エアバスA330-300
8
未定
国内線/国際線
フィリピン航空からの移管予定
ボンバルディアDHC-8-Q300
4
56
国内線
ボンバルディアDHC-8-Q400
5
76
国内線
合 計
22
15

脚注[編集]

外部リンク[編集]