エアハルト海兵旅団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エアハルト旅団から転送)
移動: 案内検索
カップ一揆の際の「エアハルト海兵旅団」

エアハルト海兵旅団(Marinebrigade Ehrhardt)は、第一次世界大戦後、ドイツ革命に対する反革命軍事行動のため組織されたドイツ義勇軍(フライコール)の一つである。 「エアハルト旅団」の名前で有名。ヘルマン・エアハルトde:Hermann Ehrhardt)大尉によって組織された。カップ一揆などを起こしたことで知られる。

歴史[編集]

この義勇軍は旧帝国海軍de:Kaiserliche Marine)の軍人を中心に6000人ほどが集まってヘルマン・エアハルト海軍大尉によりベルリンで組織された。ドイツの中央部や北西部で反革命軍事行動を行った。1919年春にはバイエルン王国に社会主義者が打ち建てたバイエルン・レーテ共和国の打倒に参加した。1919年8月にはシュレージエンに転じてポーランド人による蜂起の鎮圧に参加する。

ベルリン地区司令官ヴァルター・フォン・リュトヴィッツ将軍の指揮下に入ったが、1920年3月にグスタフ・ノスケ国防相から解散命令が出された。リュトヴィッツ将軍も旅団も激しく抵抗し、ヴォルフガング・カップを担ぎあげてカップ一揆をおこした。3月13日に旅団はベルリンを制圧する活躍をしたが、社会民主党政府の指令によるゼネストにあって、一揆は数日で失敗した。その後、ハンス・フォン・ゼークト将軍により改めて解散が命じられた。しかしその後も「Bund ehemaliger Ehrhardtoffiziere」や「コンスル」といった偽装名で活動が続けられている。