ウード3世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sceau de Eudes III Duc de Bourgogne.png

ウード3世フランス語Eudes III, 1166年 - 1218年7月6日)は、ブルゴーニュ公(在位:1192年 - 1218年)。ユーグ3世の長男。母は父の最初の妻であったロレーヌ公マチュー1世の娘アリックス。妻ははじめポルトガルアフォンソ1世の王女テレサ、次いでアリックス・ド・ヴェルジー。

ウード3世は父親と異なり、イングランドジョン神聖ローマ皇帝オットー4世と争っていたフランスフィリップ2世を支援した。1214年7月27日ブーヴィーヌの戦いにも兵を率いて参加し、年代記によれば騎乗していた馬2頭を失うほどの勇戦ぶりを見せたという。また、ウード3世は1209年アルビジョア十字軍でも重要な役割を演じた。深入りすることを嫌ったフィリップ2世に代わり、ウード3世が前線の指揮を執った。

先代:
ユーグ3世
ブルゴーニュ公
1192年 - 1218年
次代:
ユーグ4世