ウンベルト・ノビレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウンベルト・ノビレ
Umberto Nobile
Umberto Nobile 1.jpg
ノルゲ号でのノビレ
生誕 1885年1月21日
イタリア王国の旗 イタリア王国カンパニア州ラウロ
死没 1978年7月30日(満93歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国ラツィオ州ローマ
所属組織 Lesser coat of arms of the Kingdom of Italy (1929-1943).svgイタリア空軍
最終階級 空軍少将(後に名誉中将
除隊後 ナポリ大学教授
テンプレートを表示

ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile, 1885年1月21日 - 1978年7月30日)は、イタリア王国探検家軍人、航空技術者。近代における飛行船設計の権威として知られ、初めて北極点上空を飛んだと考えられている半硬式飛行船ノルゲを設計した。次に設計した飛行船イタリア号の墜落事故により空軍を退役したが、その後もソ連の飛行船開発に携わるなど研究を続けていた。

冷戦期に名誉を回復され、イタリア空軍から中将の地位を与えられた他、ナポリ大学の教授などを務めた。

生涯[編集]

飛行船との関わり[編集]

1885年1月21日イタリア王国カンパニア州アヴェッリーノ県ラウロに生まれる。フェデリーコ2世(フリードリヒ2世)が1224年に建立した歴史を持つ、ナポリフェデリーコ2世・ナポリ大学で工学を学ぶ。1906年に鉄道会社の電気技師として雇用されて電気鉄道の設計などに関わるが、硬式飛行船の権威であるフェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵に影響を受け、1911年に航空技術者に転じている。

第一次世界大戦については徴兵不適格と判断されて参加できなかったが、代わりに航空技術者としてイタリア陸軍航空隊の兵器開発に携われる機会を与えられた。イタリア陸軍は伊土戦争で世界最初の航空攻撃を実行に移すなど、航空兵器に対する強い関心を持っていた。ノビレの設計した兵器は第一次世界大戦で活用される事はなかったものの、航空技術者としての経験と立場を固める事に成功した。終戦後は自身の航空会社を設立して飛行船ローマを設計している。最終的にはノルウェーの探検家達から依頼されて設計した半硬式飛行船ノルゲが世界で初めて北極点上空を飛び、世界的な名声を得る事になる。

遭難事件[編集]

ウンベルト・ノビレとティティーナ(1926年)

1928年、ファシスト政権からの国家援助によって新たな飛行船を設計、完成した飛行船イタリア号で二度目の北極探検を計画する。16名の隊員と共に北極点到達という大きな望みを持って出発したノビレだったが、しかし極点到達後の5月25日、飛行船は極氷の中に墜落して、ゴンドラ部分と気嚢部分が分離してしまった。ノビレら生存者は脱落したゴンドラ部分に居たが、気嚢部分に残っていた隊員達の行方は今もわからない。この事故はいち早く世界中に配信され、北半球中の救助隊が動き始める。生存者たちは飛行船の無線機でSOSを発信、さらにアニリンでテントを赤く染めて目印とし、救助を待った。6月20日彼らは捜索隊に発見され、国際的な救援活動が開始される。

6月24日にエイナー・ルンドボルイが操るスウェーデン機が到着した際、一人しか同乗できなかった事からひとまずノビレと探検隊のマスコットだった愛犬のティティーナ(フォックス・テリア犬)だけが救出されると、これは後に彼に対する厳しい非難へと繋がった。ルンドボルイはノビレに「救出活動が混乱しているため、あなたが先に帰って指揮を執るべきだ」と進言したとも言われており、また当初は他の遭難者もすぐに往復して救出する予定であった。しかし結果としてルンドボルイが帰還後に遭難してしまい、救出活動の進展が大きく遅れた事で「ノビレだけが脱出した」という印象を強めてしまった。

また旧知の間柄である探検家ロアール・アムンセンが捜索活動で行方不明になるなどの悲劇もますますノビレの立場を悪くした。最終的に助かった遭難者は9名のみだった。

帰還後の亡命生活[編集]

一般に先述の批判から公職追放を受けたと考えられているノビレであるが、実際には帰還したイタリアでは生存者の帰還を素直に喜ぶ声が多く、大歓声で迎えられるなど責任問題については話題に上らなかったという。

ファシスト政権も各国政府に謝意を表明しつつ、ノビレ隊の帰還を歓迎する姿勢を見せている。にも関わらずノビレが失脚したのは計画に対するファシスト政権への不満を表明した為であり、政治的失脚という側面が強いと見られている。ともかく、ムッソリーニと反目したノビレはイタリア空軍と袂を分かつ事になった。1929年、ノビレの責任を強調する政府の調査報告に納得できないとして准将の職務を辞し、空軍を退官した。

1931年、ソヴィエト連邦の招致を受けて国外に家族と移住する。ソ連でも飛行船に関する空軍技官として待遇され、ソヴィエト空軍の飛行船開発において大きな関与を持った。1934年、ソビエト空軍としては最も成功した飛行船であり、ツェッペリン号の滞空時間記録を破ったSSSR-V6 オソアヴィアヒムを設計している。1939年アメリカ合衆国からの招致を受けてルイス大学で教鞭を取った。同年の内に第二次世界大戦が起きるとアメリカ市民権は取得しなかったが、そのままアメリカ滞在を継続する。

1942年5月に一旦ローマを経由してスペインに移動、翌年に連合軍がローマを占領すると正式に帰国した。1945年、イタリア空軍はノビレに対する批判は公平ではなかったとして名誉回復を決定した。ノビレは退役時の空軍少将としての身分を再び与えられて空軍復帰を果たし、次いで中将に名誉昇進した。晩年は母校であるナポリ大学の教授として過ごし、1978年7月30日に93歳で死没した。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]