ウンベルト・デ・モルプルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
イタリアの旗 イタリア
男子 テニス
1924 シングルス

ウンベルト・デ・モルプルゴUmberto de Morpurgo, 1896年1月12日 - 1961年2月26日)は、イタリアの男子テニス選手。主に1920年代にかけて、イタリアにおける競技テニスの先駆者として活動した人である。彼は1924年パリ五輪男子シングルス銅メダルでよく知られるが、1925年ウィンブルドン選手権で混合ダブルス準優勝もあった。旧オーストリア領のトリエステに生まれ、イタリアの貴族として「バロン」(男爵)の称号を持っていた。フルネームは Baron Umberto Luigi de Morpurgo (ウンベルト・ルイジ・デ・モルプルゴ男爵)という。彼の名前は、テニス文献でも“Uberto”(ウベルト)の表記揺れが多い。

オーストリア系ユダヤ人としてトリエステの地に生まれたモルプルゴは、第1次世界大戦の戦時中ドイツ空軍に勤務した。終戦後トリエステがイタリア領になり、彼はイタリアの貴族として「バロン」の称号を持つようになる。イタリアが男子テニス国別対抗戦・デビスカップに初参加したのは1922年であるが、モルプルゴは翌1923年からデビスカップのイタリア代表選手に選ばれた。1924年パリ五輪で、ウンベルト・デ・モルプルゴは男子シングルスの銅メダルを獲得する。準々決勝で日本代表の原田武一を 6-4, 6-1, 6-1 のストレートで圧倒した後、続く準決勝でビンセント・リチャーズアメリカ)に 3-6, 6-3, 1-6, 4-6 で敗れ、モルプルゴとジャン・ボロトラフランス)の2人が「銅メダル決定戦」に回った。モルプルゴは当年度のウィンブルドン優勝者ボロトラに 1-6, 6-1, 8-6, 4-6, 7-5 で競り勝ち、イタリア人選手として初めてオリンピックテニス競技のメダルを獲得した。このパリ五輪で原田との対戦があったことから、彼は日本でもよく知られた選手になる。

オリンピック銅メダルの翌年にあたる1925年、モルプルゴはウィンブルドン選手権で混合ダブルスの決勝に進み、イタリア人選手初の4大大会決勝進出者になった。パートナーはエリザベス・ライアンアメリカ)と組み、フランスペアのジャン・ボロトラスザンヌ・ランラン組に 3-6, 3-6 のストレートで敗れて準優勝者になった。4大大会の男子シングルスでは、1928年ウィンブルドン選手権1929年全仏選手権のベスト8を経て、1930年全仏選手権でイタリア人選手初のベスト4に入った。第4シードのモルプルゴは、準決勝で第1シードのアンリ・コシェに 5-7, 1-6, 2-6 のストレートで敗れ、決勝進出を逃した。彼の全仏4強入りから2年後、ジョルジオ・デ・ステファーニ1932年全仏選手権の準優勝者になった。

モルプルゴは1923年から1933年までデビスカップのイタリア代表選手を務め、通算成績「55勝24敗」(シングルス39勝14敗、ダブルス16勝10敗)の成績を残した。彼が代表選手であった間、イタリア・チームは1928年1930年の2度「インターゾーン」決勝に進んだ。彼は1928年からイタリア・チームで選手と監督を兼任し、1929年ムッソリーニからイタリア・テニス協会の会長に指名された。晩年はスイスに住み、1961年2月26日にスイス・ジュネーヴにて65歳で死去した。1993年国際ユダヤ人スポーツ殿堂入りしている。

ウンベルト・デ・モルプルゴの死去の日付は、長い間忘れられてしまい、国際ユダヤ人スポーツ殿堂のサイトでは「没年月日不明」と記載された。書籍ではケンパーとマロン共著の『オリンピックのゴールデン・ブック』に掲載されており、オンラインでは国際テニス連盟のプロフィールで確認可能である。

参考文献[編集]

  • Erich Kamper & Bill Mallon, “The Golden Book of the Olympic Games” (オリンピックのゴールデン・ブック) Vallardi & Associati, Milan, Italy (1992) ISBN 88-85202-35-7 モルプルゴの没年月日が分かる文献。

外部リンク[編集]