ウンデカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウンデカン[1]
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 1120-21-4 チェック
PubChem 14257
ChemSpider 13619 チェック
ChEMBL CHEMBL132474 チェック
特性
化学式 C11H24
モル質量 156.31 g mol−1
外観 無色の液体
融点

-26 °C, 247 K, -15 °F

沸点

196 °C, 469 K, 385 °F

危険性
引火点 60 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ウンデカン (Undecane) は、構造式 CH3-(CH2)9-CH3 で表される、分子量 156.31 のアルカンヘンデカンと呼ばれることもある。 159 種類の構造異性体が存在する。可燃性揮発性があり、常温常圧で無色の液体。CAS登録番号は [1120-21-4]。

ダニの一種 (Caloglyphus rodriguezi) では、ウンデカンをフェロモンとして利用している[2]。ほか、昆虫界、植物界に散見する物質である。

参考文献[編集]

  1. ^ Material Safety Data Sheet for Undecane
  2. ^ Mori, N.; Kuwahara, Y. J. Chem. Ecol. 2000, 26, 1299.
C10:
デカン
直鎖アルカン C12:
ドデカン