ウルリヒ・ザイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルリヒ・ザイドル
Ulrich Seidl
Ulrich Seidl
2007年
生年月日 1952年11月24日(61歳)
出生地 オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
主な作品
『ドッグ・デイズ』
『インポート、エクスポート』
『パラダイス』三部作

ウルリヒ・ザイドルUlrich Seidl, 1952年11月24日 - )は、オーストリア映画監督脚本家映画プロデューサーである。

略歴[編集]

オーストリア北部のホルンで、厳格なキリスト教徒の家で司祭になることを期待されて育った。

初期は主にドキュメンタリー映画を制作。1990年の『Good News』では平凡な新聞販売員を、1995年の『Tierische Liebe』ではペットに異常な愛情を注ぐ人たちを、1998年の『Models』では二線級のモデルの華やかとはいえない生活をカメラに収めた。『予測された喪失』では山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞を受賞。

2001年、初の本職の俳優を使った長編映画『ドッグ・デイズ』を制作。第58回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を受賞した。

2003年に自身のプロダクションを設立。2005年にはモスクワ国際映画祭で審査員を務めた。2007年には『インポート、エクスポート』がカンヌ国際映画祭に出品。

続いて「パラダイス」三部作を4年かけて制作。性を求めてケニアに旅する中年女性テレサを追った第1部『パラダイス:愛』は、2012年カンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映。2013年のオーストリア映画賞で作品賞と監督賞を受賞した。

敬虔な布教活動に自己を見出すテレサの姉アンナ・マリアの生活を描く第2部『パラダイス:神』は、2012年のヴェネツィア国際映画祭にて2度目となる審査員特別賞を受賞。

青少年のためのダイエット合宿で恋をするテレサの娘・メラニーが主人公の第3部『パラダイス:希望』は2013年ベルリン国際映画祭に出品され、世界三大映画祭で立て続けに好評を得た。

妻はかつての助監督・共同脚本家で、現在はジャーナリストのヴェロニカ・フランツ。現在はウィーン在住で二人の子がいる。

特徴[編集]

俳優を使っていても限りなくドキュメンタリーに近いテイストで撮影する。脚本を最後まで完成させず、準備段階や撮影中に起こる出来事も映画に取り入れる。

広角レンズの固定カメラによる長回しやBGMを挟まない淡々とした描写が特徴。

社会の中の孤独、憤懣、疎外といった主題をテーマにすることが多い。

ジョン・ウォーターズミヒャエル・ハネケといった監督の絶賛を受ける。ヴェルナー・ヘルツォークは好きな監督10人の一人に挙げ、「私はザイドルほどには地獄の部分を直視していない」と評した。

フィルモグラフィ[編集]

長編映画[編集]

  • Good News (1990) 監督・脚本
  • 予測された喪失 Mit Verlust ist zu rechnen (1992) 監督・脚本
  • Tierische Liebe (1995) 監督・脚本
  • Models (1999) 監督・脚本
  • ドッグ・デイズ Hundstage (2001) 監督・脚本
  • Zur Lage (2001) 監督・脚本・撮影
  • Jesus, Du weisst (2003) 監督・脚本
  • Vater unser (2004) 監督・脚本
  • インポート、エクスポート Import/Export (2007) 監督・脚本・製作
  • パラダイス:愛 Paradies: Liebe (2012) 監督・脚本・製作
  • パラダイス:神 Paradies: Glaube (2012) 監督・脚本・製作
  • パラダイス:希望 Paradies: Hoffnung (2013) 監督・脚本・製作

短編映画[編集]

  • Einsvierzig (1980) 監督・脚本・製作・撮影
  • Der Ball (1982) 監督・脚本・製作
  • Brüder, laßt uns lustig sein (2006) 監督・脚本・製作・撮影

テレビ[編集]

  • Die letzten Männer (1994) 監督・脚本
  • Bilder einer Ausstellung (1996) 監督・脚本
  • Der Busenfreund (1997) 監督・脚本
  • Spass ohne Grenzen (1998) 監督・脚本

受賞歴[編集]

受賞
ノミネート

外部リンク[編集]