ウルリッヒ・ベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルリッヒ・ベック(2007年)

ウルリッヒ・ベック(Ulrich Beck, 1944年5月15日 - )は、ドイツ社会学者ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(ミュンヘン大学)およびロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの社会学教授。ポンメルンのシュトルプ(現在のポーランド領スウプスク)生まれ。

ミュンヘン大学卒業。ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学オットー・フリードリヒ大学バンベルクを経て、1992年から現職。

日本語訳著書[編集]

単著[編集]

  • 『危険社会』(二期出版、1988年/法政大学出版局、1998年)
  • 『世界リスク社会論――テロ、戦争、自然破壊』(平凡社、2003年→ちくま学芸文庫、2010年)
  • 『グローバル化の社会学――グローバリズムの誤謬・グローバル化への応答』(国文社、2005年)
  • 『ナショナリズムの超克――グローバル時代の世界政治経済学』(NTT出版、2008年)
  • 『〈私〉だけの神――平和と暴力のはざまにある宗教』、岩波書店、2011年。
  • 『世界リスク社会』、法政大学出版局、2014年
  • 『世界内政のニュース』、法政大学出版局、2014年

共著[編集]

編著[編集]

  • 『リスク化する日本社会――ウルリッヒ・ベックとの対話』、鈴木宗徳伊藤美登里と共同編集、岩波書店、2011年。