ウルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルミを使った稽古の様子

ウルミウルーミウルミー(Urumi)は、インド武術カラリパヤットで使われる柔らかい鉄で作られた長剣(3フィート程の長さがある)であり、肉を切り裂くのに十分な鋭さを持っているが、タイトコイルのように巻きつくのに十分な柔らかさはない。南インドで発祥し、ケーララ州マラバール海岸英語版北部で盛んに行われており、インドでは叙事詩にも登場する。

北部カラリパヤットではウルミと呼ばれるが、南部カラリパヤットではチュッタバル(Chuttuval)と呼ばれる。チュッタバルはChuttu(コイル状)とvaal(剣)を意味するマラヤーラム語からきているコイルソードである。英語ではフレキシブルソード(Flexible Sword)と訳される他、スプリングソードに分類される。

ウルミという言葉は「雷の音」の事だという。普段はベルトのように腰に巻きつけておき、有事の際には剣として遣うほか、火を付けて振り回したり、罠に使ったりと日本武術で言うと忍術的な遣い方もあるという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]