ウルフガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウルフガイ』シリーズは、平井和正による連作SF漫画および小説シリーズがある。

同じ作者の『アダルト・ウルフガイ』シリーズと区別するため、少年ウルフガイと呼ばれることもある。

ストーリー[編集]

私立中学校・博徳学園への転校生・犬神明(いぬがみ あきら)は、満月が近づくと不死の力を発揮する人狼だった。その力を狙い、各国の諜報組織が次々と襲い来る。

漫画[編集]

ウルフガイ(オリジナル)
作画:坂口尚
週刊ぼくらマガジン』(講談社)に1970年43号から1971年23号まで連載。同誌の休刊により中断。
奇想天外社より、愛蔵・復刻版として全2巻が刊行された(絶版)。第1巻は1970年43号から52号掲載分まで、第2巻は1970年52号から1971年9号掲載分まで。『狼の紋章』として小説化された部分のみが復刻されているが、連載は『狼の怨歌』のラストまで描かれている。
連載にあたっては、編集長(当時)の内田勝が、「『悪徳学園』の時から主人公としてマークしていた」と回想している[1]
2011年7月にマンガショップより、上記未収録部分も収録した復刻版単行本『ウルフガイ‐THE ORIGIN‐』(全2巻)が刊行された。
原作は小説形式である。第1回分が公表されている[2]
ウルフガイ(リメイク)
脚本:田畑由秋、作監:余湖裕輝、作画:泉谷あゆみ
ヤングチャンピオン』(秋田書店2007年6号から2012年5号まで連載された。現代風にリメイクされているが、より過激な暴力描写が展開されている。

なお、かどたひろしの『Wolf Guy』はアダルト・ウルフガイシリーズの漫画化作品である。

小説[編集]

ウルフガイ・シリーズ[編集]

最初の漫画作品の原作(小説スタイルで書かれた)をベースにした小説。『狼の紋章』(1971年)、『狼の怨歌』(1972年)までは漫画版にも描かれたが、『狼のレクイエム 第1部』(1974年 - 1975年、冒頭部分のみ『SFマガジン』に短期間連載)以降は小説オリジナルのストーリーである。『犬神明』全10巻(1994年 - 1995年)で全シリーズが完結した。

ハヤカワSF文庫版第1巻『狼の紋章』は日本初の書き下ろし文庫本である[3]

ハヤカワSF文庫
  1. 狼の紋章(エンブレム)
  2. 狼の怨歌
早川書房版(ハードカバー愛蔵版)
  • 狼の紋章/狼の怨歌
祥伝社ノン・ノベル
  1. 狼の紋章
  2. 狼の怨歌
  3. 狼のレクイエム 第1部
  4. 狼のレクイエム 第2部
角川文庫
ノン・ノベル版と同じ
徳間書店版(ハードカバー)
  1. 狼の紋章
  2. 狼の怨歌
  3. 虎の里(狼のレクイエム 第1部) ※改題
  4. ブーステッドマン(狼のレクイエム 第2部) ※改題
  5. 黄金の少女(狼のレクイエム 第3部(1))
  6. キンケイド署長(狼のレクイエム 第3部(2))
  7. “パットン将軍”(狼のレクイエム 第3部(3))
  8. タイガーウーマン(狼のレクイエム 第3部(4))
トクマノベルズ版
  1. 狼の紋章
  2. 狼の怨歌
  3. 虎精の里 ※ハードカバー版3.を改題
  4. ブーステッドマン
  5. 黄金の少女(1) ※ハードカバー版5.を改題
  6. 黄金の少女(2) ※ハードカバー版6.を改題
  7. 黄金の少女(3) ※ハードカバー版7.を改題
  8. 黄金の少女(4) ※ハードカバー版8.を改題
  9. 黄金の少女(5) ※ハードカバー版未収録部分および「“女狼”リツコ」を収録
  10. 犬神明(1)
  11. 犬神明(2)
  12. 犬神明(3)
  13. 犬神明(4)
  14. 犬神明(5)
  15. 犬神明(6)
  16. 犬神明(7)
  17. 犬神明(8)
  18. 犬神明(9)
  19. 犬神明(10)
“女狼”リツコ
  • 短編集『魔女の標的』(角川文庫)に収録
  • 『黄金の少女(5)』(トクマノベルズ)に収録
講談社英語文庫(英訳)版

映像化作品[編集]

狼の紋章(映画)[編集]

狼の紋章」(おおかみのもんしょう)は1973年9月1日に公開された日本映画。DVDも発売されている。製作は東宝映画東宝映像。配給は東宝フジカラーシネマスコープ。上映時間は84分。同時上映は『化石の森』。松田優作の映画初出演作[3]

それまでの東宝作品は健康的な娯楽映画というイメージの作品がほとんどであったが、本作は暴力的な描写や性描写、斬新な映像演出などによりそのイメージを覆し、ヤングアダルト層からの支持を集めた異色作である[3]

犬神明役の志垣太郎本人が着用する狼男のマスクは、本物のシベリアオオカミの毛を一本一本植毛して作られた[5]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ウルフガイ(OVA)[編集]

『狼の怨歌』から『狼のレクイエム』第2部までを原作にしたアニメーション。1992年よりバンダイビジュアルより発売。全6巻。

スタッフ[編集]

主題歌
『君の生き方をつらぬいて』 作詞:松本隆、作曲:五十嵐浩晃、編曲:清水信之、歌:五十嵐浩晃
  • 1996年にバップよりサントラCDが発売されている。収録されているのは本作の他、「乱れからくり」。

サブタイトル[編集]

  • Vol.1 不死鳥作戦(フェニックス・オペレーション)
  • Vol.2 怨歌
  • Vol.3 血の轍
  • Vol.4 錯綜
  • Vol.5 永訣
  • Vol.6 レクイエム

キャスト[編集]

関連作品[編集]

アダルト・ウルフガイ・シリーズ
ウルフガイの原点。主人公は同名の犬神明(狼男)だが、年齢・個性その他が大きく異なる。一人称小説である(ウルフガイは三人称)。ウルフガイに登場する神明(じん あきら)と、よく似た存在(『ウルフランド』、『女神變生』では、両者が別人として存在する)。
「人狼、暁に死す」における、瀕死の少年が輸血によって不死身の肉体を獲得する、というモチーフ(先行して池上遼一作画版の漫画『スパイダーマン』に用いられた)が、リメイク版漫画『ウルフガイ』に取り入れられている。
悪徳学園
短編小説。犬神明は中学生だが、この時は一人称でもあり、性格はアダルト犬神明と変わらない(『ウルフランド』、あとがき小説「ビューティフル・ドリーマー」、『女神變生』ではウルフガイ、アダルト・ウルフガイの主人公とあわせ3人の犬神明が別人として存在する)。この短編を経て、「ウルフガイ」が誕生する。
ウルフランド
奇想天外」誌に連載されたウルフガイ番外編。スペシャル・ウルフガイ劇場と銘打たれた遊び心あふれる短編7編とエッセイを収録。
あとがき小説「ビューティフル・ドリーマー」
幻魔大戦シリーズの執筆を中断し、ウルフガイシリーズの再開『狼のレクイエム第3部・黄金の少女』執筆に至るプロセスを小説化したもの。『高橋留美子の優しい世界』に収録。
女神變生
『狼の紋章』の青鹿晶子の転生?神童子晶子(旧姓・青鹿(おおか))を主人公に、彼女を女神として覚醒させるためウルフガイやその他平井和正作品の登場人物たちが騒動を繰り広げる。
月光魔術團
バイオテクノロジーによって作り出された人造神話人種「犬神メイ」の活躍とそれに巻き込まれた「鷹垣人美」、真黒獰などの人々についての作品。
ウルフガイDNA
『月光魔術團』の続編。前作の主人公「犬神メイ」の大親友「鷹垣人美」の活躍する作品。
幻魔大戦DNA
『ウルフガイDNA』の続編。「鷹垣人美」の活躍する作品。作品内に、犬神明を始めとするウルフガイの登場人物たちが出演。実質、ウルフガイの直接の続編。
幻魔大戦deep
青鹿晶子という名の女性が登場。
幻魔大戦deepトルテック
「幻魔大戦」ワールドと「ウルフガイ」ワールドのクロスオーバー作品。

その他[編集]

  • 1970年、「『狼男だよ』改竄事件」により、あらゆる小説の仕事から干されてしまった。内田勝が自分の窮状を見かねて、『ぼくらマガジン』でウルフガイの連載に至った。陽気なアダルト・ウルフガイに対し、ウルフガイが暗く鬱屈しているのは、当時の自分の状況が反映されているからではないか?、と言った意味のことを平井は書いている[6]
  • 小説作品のタイトルは、最初に出版されたハヤカワ文庫版の『狼の紋章』には「紋章」に「エンブレム」とルビが振られている。平井和正は当初「怨歌」にも「レクイエム」とルビを振っていたが実際に出版された本にはルビが脱落してしまった[7]。そのため以降の作品名を『狼のレクイエム』で統一したが、後の版では副題がつき、トクマノベルズ版にいたっては『狼のレクイエム』のタイトルも消えてしまった。なお「紋章」には「もんしょう」、「怨歌」には「えんか」とルビが振られている。
  • 1984年の平井和正と高橋留美子との対談(『語り尽せ熱愛時代』として書籍化)で高橋が大好きなキャラクターである虎4への思い入れを語ったことが、1975年以降中断していたウルフガイ復活のきっかけとなった。そのお礼として『黄金の少女』冒頭には「ウルフの女神様」へのメッセージが添えられている。
  • 「狼のレクイエム」登場時のブーステッドマンは、不死身人間(犬神明を始めとする狼人間等)の血清を注射投与し、肉体強化した特殊部隊コマンドである。ただし、技術的未完成の部分があったものか、その能力が維持できる時間は短く、コマンドたちは再度の血清注射のためのアンプルを複数持ち歩いていた。基本的には、身体的能力を強化されただけで普通人と変わらない。
  • 「ウルフガイ」シリーズにおける強化人間は、その後のシリーズ「犬神明」にて、不死鳥結社はより高性能の強化人間兵士を敵対勢力との抗争に投入するに至っている。その実態は、生死を問わず、組織により確保された不死身種族の者の細胞から、クローン分身を作り出し、脳内に制御装置としての電脳機器を設置することで、生理機能・意志を完全に制御するものであり、戦闘能力は犬神明を始めとする不死身種族の能力を遥かに凌駕する。こうした強化人間兵士のひとりである、かつての犬神明の同志・虎4こと林芳蘭のクローン“BEE”がいくつかの偶然から、電脳支配から脱し、自我を取り戻したことが物語の鍵となっていく。物語では、不死鳥結社は不死性の解明をほぼ達成しており、他にも組織の技術により、不老長寿を達成した幹部、不死身のサイボーグ犬、個性を人工の肉体に移植した人物等が登場する。
  • パラレルワールドともいえる「アダルト・ウルフガイ」シリーズの一本である「人狼、暁に死す」では、犬神明から輸血を受けた少年が超人的な肉体を手に入れて明と対決するエピソードが描かれている。いわば偶発的に誕生したブーステッドマンであるが、これについては以前に発表した別の作品(日本版スパイダーマン)のリメークであり、この発想をフィードバックしたものが前項のウルフガイ版ブーステッドマンであるといえる。かどたひろし版コミックでは、このエピソードに林が明の血液を採取してブーステッドマン部隊を作ろうとする描写がある)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第2巻収録の「ウルフガイとぼくらマガジン」より。
  2. ^ ウルフガイ漫画原作 第1回原稿 (PDF, 261KB) - ウルフガイ・ドット・コム「掘り出し物」
  3. ^ a b c 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス2012年、160 - 163頁。ISBN 9784864910132 
  4. ^ Translating Japanese Science Fiction[リンク切れ] by Edward Lipsett
  5. ^ 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社1997年、231頁。ISBN 4766927060 
  6. ^ 奇想天外社『ウルフガイ』第1巻 あとがき ウルフガイ再び
  7. ^ 徳間書店版『狼の怨歌』巻末インタヴューより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]