ウルツブルグ (レーダー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス空軍ダクスフォード基地に置かれているウルツブルグ・レーダーのアンテナ

ウルツブルグドイツ語: Würzburg)は第二次世界大戦時、ドイツで空軍陸軍向けに開発された地上設置型の対空レーダーである。1940年から運用を開始し、4,000基が生産された。呼称は都市名「ヴュルツブルク」に由来する(プロジェクトリーダーであるヴィルヘルム・ルンゲは都市名に基づく命名を好んだ)。日本では本機を「ウルツブルグ」と呼ぶことが多く、本項のタイトルもそれに基づく。

開発[編集]

1934年1月、テレフンケン社はドイツのレーダー研究者であるルドルフ・キューンホルト博士、ドイツ海軍通信研究所のハンス・ホルマン博士とマイクロ波で索敵する早期警戒レーダーの働きに関して会談した。テレフンケン側の研究責任者であるヴィルヘルム・ルンゲ博士はSFの域を出ていないと誤認した。開発者達は彼らの道を行くが、結局、ローレンツ社と協力してフライヤ(Freya)レーダーとゼータクト(Seetakt)レーダーを開発するGEMA(Gesellschaft für Elektroakustische und Mechanische Apparate)を設立した。

1935年春、GEMAはテレフンケン社でレーダーの開発を始めたが、頓挫していたルンゲ博士に成功への道を開いた。テレフンケン社のチームは短距離の射撃照準システムに取り組んでいた。

波長50 cmの電波であれば目標(ユンカース Ju 52)から強い反射が得られた。次の年の夏、ダルムシュタットと称する試作機を完成させた。精度は5 kmで50 mだった。照準には充分では無かった。1938年末、開発は空軍に移管された。

いくつかの基本的なウルツブルグシステムが存在した。ウルツブルグAは手動式でオシロスコープで信号を判断した。

ウルツブルグD型が1941年に導入された。円錐走査式で受信機でカールと呼ばれるオフセットを検出するものだった。

D型は充分な照準精度が得られなかったが、システム全体では高精度だった。7.4 mのパラボラアンテナで高出力で送信した。索敵距離は70 kmに達した。水平軸の精度は0.2度、上下方向は0.1度であり、照準には十分の精度だった。装置は大きすぎてトラックトレーラーでは運搬できなかった。1,500基が生産された。ヴュルツブルグ=リーゼ・ギガントは出力が160 kWだったが生産されなかった。

戦後は電波天文学の観測に用いられた物もある。

参考[編集]

出典[編集]

注意[編集]

  1. ^ 英語ではWuerzburgWurzburg等と綴られることもある。