ウルグアイ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルグアイ川
ウルグアイ川
延長 1593 km
水源の標高 1800 m
平均流量 5500 /s
河口・合流先 ラプラタ川
テンプレートを表示

ウルグアイ川(ウルグアイがわ、スペイン語: Río Uruguayポルトガル語: Rio Uruguai)は、南アメリカを流れるラプラタ川第二の支流で、全長約1,593kmの河川である。[1] ブラジルの海岸山脈の西斜面を水源とする。

概要[編集]

ウルグアイ川は、初めペロタス川を合わせ、西へと流れペペリグアス川を合わせる。その後、次第に水量を増して南西へと向きを変え、ブラジルとアルゼンチンの国境となって流れる。ペペリグアス川との合流点の下流数kmで、川幅は460mから最小21mに急激に狭まり、急流となって13kmの区間を流れる。

いくつかの河川が西方からウルグアイ川へ流入しているが、水量増加に影響を及ぼしているのは、東から流入するイフイ川、イビクイ川、クアライ川などで、各河川とも短いが流量は多い。クアライ川との合流点より下流では、ウルグアイ川がウルグアイとアルゼンチンの国境となり、南へ向かって流れ、長さが約99kmのウルグアイ川最大の支流であるネグロ川を合わせ、川幅を一気に6~10kmに広げ、およそ100km流れてラプラタ川へと合流する。

河口からメルセデスまでの約50kmは、かなりの大型の船でも航行できる。

支流[編集]

出典[編集]

  1. ^ Uruguay River” (英語). ブリタニカ百科事典. 2014年4月27日閲覧。