ウルウル湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルウル湖
所在地 オルロ県
位置 南緯18度5分40秒 西経67度5分46秒 / 南緯18.09444度 西経67.09611度 / -18.09444; -67.09611座標: 南緯18度5分40秒 西経67度5分46秒 / 南緯18.09444度 西経67.09611度 / -18.09444; -67.09611
流入河川 デサグアデーロ川
流出河川 デサグアデーロ川Laca Jahuira川
流域国 Bolivia
面積 214 km²
最大水深 1.5 m
水面の標高 3686 m
沿岸自治体

オルロマチャカマルカ

登録名: ラムサール条約
登録日: 2002年7月11日
テンプレートを表示

ウルウル湖 (スペイン語: Lago Uru Uru は、ボリビアオルロ県にあるである。湖には、デサグアデーロ川英語版が注いでおり、3,686 mの高さに位置し、表面積は214 km²である。

湖は、ポオポ湖から流れるデサグアデーロ川の流入によって形成されており、「サント・トマス」として知られる広範囲の堆積物が完全に氾濫させた。これは、1962年に起こった。この川は、チチカカ湖とポオポ湖を結んでいる。

湖は、ボートや魚の数の多い釣りの観光名所となっている。

オルロは、海岸にとても近い場所に位置しており、工業的な鉱山センターがある。

出典[編集]