ウラディミール・ゴルシュマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラディミール・ゴルシュマン

ウラディミール・ゴルシュマンVladimir Golschmann, 1893年12月16日 - 1972年3月1日)はフランス出身のアメリカ合衆国指揮者

パリロシア系の家庭に生まれる。幼少時にピアノヴァイオリンを学び、スコラ・カントルムに進学し、1919年に自らコンサート「コンセール・ゴルシュマン」を企画して同時代の作曲家の作品を積極的に指揮した後、ロシア・バレエ団に指揮者として入団し、1923年まで留まった。1923年からはアメリカに渡り、1924年にはニューヨーク交響楽協会を指揮した。

その後はヨーロッパに戻ってフリーの立場で活動したが、1928年から1930年まではスコットランド管弦楽団の首席指揮者を務めている。1931年にはセントルイス交響楽団に客演したのがきっかけで、このオーケストラの首席指揮者に就任し、25年間、この職に留まった。1934年にはアメリカに定住することを決意し、1947年に市民権を獲得している。1957年にはジョージ・ワシントン大学の客員教授を務め、1958年から1961年まではトゥルサ交響楽団、1964年から1970年までデンヴァー交響楽団の首席指揮者を務めた。

ニューヨークで没。