ウラディミール・アルセーニエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルセーニエフ

ウラディミール・アルセーニエフ: Влади́мир Кла́вдиевич Арсе́ньев, 1872年8月29日 - 1930年9月4日)はロシア極東地域の探検家である。1910から1918年までハバロフスク博物館長をつとめる。また、シベリア植物の数多くの種を書き記した最初の人物であると言われている。アルセーニエフの著書「デルス・ウザラ英語版」(ロシア語: Дерсу Узала)に感銘を受けたゴーリキーは、アルセーニエフに手紙を書きロシア国立出版所から出版することを勧める。

ウラジオストックには彼の名を冠した沿海地方国立アルセーニエフ総合博物館がある。この博物館には、中国・明朝の支配がアムール川下流域まで及んでいたことを示す「奴児干(ヌルガン)永寧寺碑」が収蔵されている(ヌルガンはアムール川下流地域を指す)。15世紀の初め、明の永楽帝は現在のニコラエフスク・ナ・アムーレ(尼港)西部に出先の役所を設置した。そこの長官(女真人)は、占いに則って西方の高く麗しい山の上に寺院を建て、土で仏像も造った。そのさまは優雅できらびやかなものであった。そして、これらの経緯を記した石碑を立てた。なお、碑文は、石碑の表の面が中国語、裏の面が女真語であり、側面には漢字女真文字パスパ文字(モンゴル)・契丹文字が書かれているという。

ウラジオストクの北東約180kmのところには、彼の名にちなんだアルセーニエフという町も存在する。

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この時のタイトルは「デルスウ・ウザーラ」 ISBN 978-4582800555
  2. ^ 全2巻。タイトル「デルスー・ウザーラ」。ISBN 978-4309461380ISBN 978-4309461397
  3. ^ ISBN 978-4092510456